支部会・クラス会報告

東海

第13回 岐阜県人会


報告者:白木直也(7期生)
開催日:平成30年7月7日(土)
場 所:岐阜都ホテル

来賓者:浅井 富成[同窓会会長]、今村 明[同窓会副理事長]

支部役員:白木直也(7期生)[会長]、服部彩樹(15期生)[副支部長]
下村哲也(4期生)[会計]、水谷大裕(7期生)[会計監査]

参加者:18名

岐阜にも特別警報が発令され、山陰地方に土砂崩れや洪水にて多くの犠牲者を出した日に行われました。残念ながら被災されました方がたの早期の復興を願っています。
長良川も氾濫しそうになり北陸自動車道・JR高山線ともに不通となりました。郡上や下呂からご参加の先生方は本当によく参加していただけたと思います。
今回もまた新しい同窓生にお会いできました。羽島市で開業された高崎 淳先生ご夫婦です。とっても優しい人柄で自己紹介では夫婦漫才を見ているようで和まされました。
会長から愛知医大の近況報告として、ドクターヘリ式典、学園祭でのプロレス、医業収入が飛躍的に伸びていることなどご報告していただけました。同窓生の子弟がなかなか入学できない現状に何か良い策はないか悩みの尽きないようでもあります。大学への働きかけ、パイプ役として同窓会本部の役員の先生がたのご尽力に感謝いたしております。
懇親会ではみなさんの持ち寄った写真を公開しミニ講演会で盛り上がりました。若い頃はお金がなく買えなかった車・バイク、海外旅行などなど…仕事の合間を見つけては人生楽しんでますね! ちなみに私はGWに行ったイスラエルの嘆きの壁・パレスチナとの間の分断の壁、富士スピードウェイでのサーキット走行を紹介させていただきました。
勤務医の先生・まだ開業したところで軌道にのっていない先生、お気軽にご参加ください。私を含め諸先輩方になんでも訪ねてくださって結構です。
来年は7月6日(土曜日)岐阜みやこホテルにて開催予定ですので楽しみにしていてください。

岐阜県人会


報告者:白木直也(7期生)
開催日:平成29年7月8日(土)
場 所:岐阜みやこホテル

来賓者:浅井富成[同窓会会長]、今村 明[同窓会副会長]
      小出 詠子[同窓会副会長]

支部役員:白木直也(7期生)[会長]、服部彩樹(15期生)[副支部長]
下村哲也(4期生)[会計]、水谷大裕(7期生)[会計監査]

AEDマンこと浅井会長に同窓会の現状をスライドでご紹介していただき岐阜県出身者が愛知県に次いで2番目に多いことを知らされ、支部会としてますます精進していく必要を感じました。ついで懇親会へと移ります。最近驚いたことをテーマに自己紹介をいたしました。マスコミネタでは松居一代の言動はなんぞやとか、診療中に倒れ解離性大動脈の緊急手術を受け一命を取止めたことなど多岐に渡りました。大変でしたよね、でも生きていればまた再会できます。人生一度しかありませんよね、やりたいことが山ほどある私はこのまま診療に追われていていいのかな、なんて考えたりもします。先日お亡くなりになり、愛知医科大学の記念講演にも来て頂いた日野原先生(享年105歳)のように死ぬまで現役を志しておられる先生もお見えになるかと思いますし、そうあるべきなのかもしれませんが、私にはたぶん無理です。
最後にラダック(北インド)のチベット密教のスライドをみなさんに観ていただき終了いたしました。
来年は七夕の7月7日開催予定です。ぜひぜひ多数のご参加をお待ちしております。

岐阜県人会


報告者:白木 直也(7期生)
開催日:平成28年7月2日(土)
場 所:岐阜都ホテル
来賓者:大輪芳裕[同窓会副会長]、浅井富成[同窓会理事]
出席者:14名+来賓2名

また岐阜県人会の皆さんとお会いすることができ嬉しい限りです。本部から来賓で来ていただいた大輪先生・浅井先生ありがとうございました。大輪先生はすっかり岐阜県人会の顔になられましたし、浅井先生はTVでおなじみのAEDマンだったとは驚きでした。今回初参加の稲川先生(大垣・耳鼻科)小関先生(岐阜大学小児科)楽しんでいただけましたか?稲川先生には愛知医科耳鼻科時代の研究を披露していただきました。「中国チベットのスギ花粉現地調査と高山での睡眠時無呼吸」チベットでの小学生スクラッチテストの年次変化によりアレルギー予備軍が増加していることなど興味深いことが多々あるお話でした。中国文化大革命の時にチベット僧院の大部分が破壊され暗い歴史や悲しい過去がある地域です。現在は中国軍による制約が厳しく取材にはご苦労も尽きなかったことでしょう。個人的なことになりますが8月中旬にもう1つの小チベットと言われているインド北部ラダックに旅行予定です。到着するレー空港ですでに標高3500mあり高山病危険地帯です、教えていただいた五苓散持参します。チベット仏教とは紀元前5世紀釈迦が説いた仏教が7世紀にチベットに伝わり後期密教を教義継承したそうで、来年の県人会でお話しできると思います。

▲ PAGE TOP