愛知医科大学医学部父兄後援会

医学部父兄後援会 平成30年度 一般会計事業

平成30年度一般会計事業計画は、主として次のとおりです。

  1. 1. 学生の行事等に関する協力
    1. (1)クラブ活動費用助成
    2. (2)医大祭費用助成
    3. (3)卒業記念品費用助成
    4. (4)卒業アルバムの費用助成
    5. (5)卒業生謝恩会費用助成
  2. 2. 学生の教育に関する協力
    1. (1)大学の指導教員と父兄との個人面談に係る費用の助成
    2. (2)予備校作成のCBT対策用ネット講座費用助成
    3. (3)予備校主催の共用試験模試受験費用助成
        結果を父兄、大学に配布
    4. (4)学会発表を行う学生に対する旅費の一部助成
    5. (5)コピー機をリースして学生の資料コピーの便宜供与
    6. (6)4年次実習衣の助成
  3. 3. 医師国家試験に関する協力
  4. (1)予備校作成のネット講座費用助成
  5. (2)予備校主催の模擬試験受験費用助成
      結果を父兄、大学に配布
  6. (3)医学部生講義、学習強化合宿に対する講師料助成
  7. (4)国試期間中のホテル宿泊・送迎助成
  8. (5)国試勉強会室のごみ処理
  9. 4. 父兄後援会報の発行(年3回)
  10. 5. 大学発展のための寄附及び大学関係機関との連携及び協力
  11. 6. その他本会の目的達成に必要な事業
    1. (1)大学の役職の先生と役員との懇談会開催
    2. (2)新入生・父兄歓迎パーティの開催
    3. (3)学年別父兄懇親会の開催
    4. (4)医学教育センター長及び研修医による父兄への国試説明会開催
    5. (5)同窓会と連携し、共同事業を推進
    6. (6)前年度マッチングの内容等情報提供

医学部父兄後援会 平成30年度 特別会計事業

平成30年度特別会計事業計画は、主として次のとおりです。

卒業生の医師国家試験未合格者について、希望者に対し予備校入校への貸付、模試の情報提供など便宜を供与し、
合格支援を行います。

医学部父兄後援会互助会 平成30年度 一般会計事業

互助会は、会員である学資負担者が死亡し、又は高度障害が生じた場合に、
その会員に代わってその後の学納金を卒業まで支払う制度を設け、これまでに多くの学生がこの制度により卒業に至り、
現在医師として活躍しています。

  1. 1. 2名分の予算を計上して事に備えます。
  2. 2. 卒業された子弟の会員に対し、記念品を贈ります。
  3. 3. 貸付に十分対応できるよう、特別会計への繰出金を予算化します。

医学部父兄後援会互助会 平成30年度 特別会計事業

会員子弟の学納金を互助会が一時立替える制度を設け、これまで毎年度多くの貸付を行って修学を援助しています。

  1. 1. 貸付が決定している会員及び新たな貸付に備え、6名分の予算を計上します。
  2. 2. 貸付者には滞りなく返還いただくよう努め、貸付資金として積立をしていきます。