支部会・クラス会報告

九州・沖縄

九州支部会 冬季総会・忘年会【藪下先生をお招きして】


報告者:田中正彦(10期生)
開催日:平成30年11月10日(土)
場 所:相撲茶屋 大塚
来賓者:藪下廣光[同窓会特別顧問]

例年九州支部総会は山笠が終わった頃に、グランドハイアット福岡で開催しましたが今回は愛知医科大学1期生で初代会長を務められた藪下廣光先生を福岡にお迎えして鍋をつつきながらの秋の歓談となりました。また今回は副支部長の江本精先生の出版セールス?も兼ねていました。「生殖医学から古代の謎に迫る」(勉誠社出版)絶賛発売中ですので皆様興味のあられる方は是非ご一読ください。
今回は11月10日に九州場所を意識して?相撲茶屋「大塚」でお酒持ち込み可でフグ料理とちゃんこ鍋コースをいただきました。参加者は少人数でしたが宮崎から99生の山下俊樹先生夫妻も参加して頂きました。奥様は先生より愛知医科大学に関する色んな話題にくわしいことに皆感心させられていました。大庭忠弘先生の挨拶乾杯で始まりましたが少し遅れて長崎からN先生が到着された。N先生は本当にお酒がお好きでワイン、ビール、焼酎と顔色変わらず淡々と召し上がっておられました。お話も大変面白く学生時代M原ハイツに住んでおられ、夜は藤が丘の「ポチの家」を根城に“藤が丘の帝王"と呼ばれていたそうです。また国試前日のホテルにはボトル1本持参され酔ったまま受験され見事合格されたことなど驚くような話がたくさんでした。M原ハイツVSK山ハイツ、裏校歌は誰が作ったのか?同級生の近況、なぜ体育でテニスが授業に取り入れられたのか?医大祭の前夜祭を香嵐渓スケート場で開催していたこと、学生時代によく通った喫茶店、今池にあった台湾ラーメン「味仙」が徐々にお店を広げていったこと…あっという間に時間が過ぎました。 本当に楽しい会にご協力ありがとうございました。

第17回 九州支部会


報告者:茂木祥正(21期生)
開催日:平成30年8月18日(土)
場 所:グランドハイアット福岡

来賓者:浅井富成[同窓会会長]、大輪芳裕[同窓会副理事長]
奧山 誠[同窓会理事]

支部役員:吉本隆昌(1期生)[支部長]、江本 精(7期生)[副支部長]、
茂木祥正(21期生)[幹事]

平成30年8月18日(土)にグランドハイアット福岡にて第17回九州支部会を開催いたしました。本部から浅井会長・大輪副理事長・奥山理事の3名と、久しぶりに在校生1名も参加してくれました。所用で同窓生のキャンセルが出たにもかかわらず25名で盛大に開催できました。
吉本支部会長による開会のあいさつと河野 正美先生の乾杯ではじまりました。浅井会長・大輪副理事長には、今話題となっている医学部女性差別入試について、愛知医科大学がいかに清廉潔白であるかをご講演いただきました。確かに我々の時代も愛知医科大学は女子学生が多かったですし、そういえば九州支部会も徐々に女性参加者が増えて華やかになってきているようです。奥村理事は最近の愛知医科大学を写真撮影し、わざわざディスクに焼き増して配布してくださいました。和やかな雰囲気の中近況報告や雑談に花が咲き、同ホテル内のバーで行われた2次会にも15名が参加し盛況のうちに終了しました。

九州支部会


報告者:茂木祥正(21期生)
開催日:平成29年8月19日(土)
場 所:グランドハイアット福岡
来賓者:浅井富成[同窓会会長]、奧山 誠[同窓会理事]

支部役員:吉本隆昌(1期生)[支部長]、江本精(7期生)[副支部長]、
茂木祥正(21期生)[幹事]

平成29年8月19日にグランドハイアット福岡にて第16回九州支部同窓会を開催いたしました。
昨年の支部会報告に「来年は過去最高の参加人数を目指す」と目標を掲げており、これまで参加が少なかった若手同窓生の動員を試みました。交友関係が広い田上 望先生に声掛けしてもらい、福岡周辺勤務の若手同窓生を集めた親睦会を6月に開催、そのかいあって九州支部会史上最多タイの26名で開催することが出来ました。
会は吉本 隆昌支部会長による開会のあいさつと田中 正彦前幹事の乾杯ではじまり、浅井 富成同窓会長からは同窓会の現状について、ライフワークとされているプロレスの話を交えながら、御講演いただきました。同窓生が名古屋大学の教授に就任された報告や、新病院・バスターミナル・寿がきや・CoCo壱等の新施設の話は大変盛り上がりました。先生自身メディカルプロレスという団体を立ち上げ、現役レスラーとしてリングに上がってAEDの普及に尽力されている話はとても興味深かったです。最後は衆議院議員の河野 正美先生に閉会の辞を述べていただき、続いてホテル内のバーで行われた2次会にも約20名が参加し、盛況のうちに終了しました。
浅井同窓会長の講演のなかに、今後部活動を縮小するかもしれないという話がありました。私はハンドボール部に所属していましたが、一緒にプレーしたメンバーやマネージャーとは毎年親睦会を開催しています。また、卒業して10年以上たった今でも部活を通した人脈が広がっております。部活で得た交友関係は一生の宝だと思います。他の参加同窓生も同じ思いで、スキー部で活躍された大庭 忠弘先生も部活動縮小反対を熱く語っておられました。大学にも事情はあるでしょうが、何とか部活動を縮小せずに存続させてほしいと浅井同窓会長にお願いいたしました。

九州支部会


報告者:茂木祥正(21期生)
開催日:平成28年8月20日(土)
場 所:グランドハイアット福岡
来賓者:奥山 誠[同窓会理事]

平成28年10月29日(土)、第12回愛知医科大学同窓会北陸3県支部会総会が「あえの風」(和倉温泉)で開催された。北陸3県支部会は北陸3県(福井、石川、富山)の合同支部会として設立され、今回で12回目を迎えた。今回はご多忙の中、同窓会から加藤真司同窓会監事、大学からは睡眠科・睡眠医療センター教授塩見利明先生をお招きし開催された。北陸支部会会員は5名といつものメンバーが揃った。今回の特別講演は睡眠医療の最前線として塩見先生から睡眠と不登校との関連性ついてとても興味深い話が聞くことができた。
毎年、癒しをテーマに考えている北陸3県支部会。今回は和倉温泉にて癒しの夜を設定した。和倉温泉は開湯1200年の歴史を誇り、今回宿泊した「あえの風」はすぐれた泉質にくわえ開放感たっぷりでスケールが大きくゆっくりと過ごすことができた。窓からは能登島や七尾湾を望む景観を存分に楽しむことができ、心地よい風を感じながらゆっくりと過ごすことができた。懇親会でも今後の支部会としての在り方、同窓会本部との今後の連携等活発な意見の交換ができ有意義な時間を過ごせたと思う。
第13回愛知医科大学同窓会北陸3県支部会総会は、平成29年10月28日(土)再度、「あえの風」(和倉温泉)を予定しています。北陸支部会の運営には北陸3県の会員方々の力添えが必要です。次回もいろいろな企画、設定も考えていますので、多数の参加をお待ちしております。皆様のお声を聞かせてください。今後ともよろしくお願い致します。

▲ PAGE TOP