超音波診断室

超音波検査装置を用いて、体の内部にある様々な臓器の状態を調べます。心臓や肝臓、腎臓、膵臓、脾臓、甲状腺、頸動脈などが対象となる臓器です。
検査は、ベッド上で安静にしている状態で超音波を発生する器具(プローブ)を皮膚にあてます。痛みは無く、検査に用いる超音波は生体に害はありません。