指導教員制度・アドバイザー制度

医学部

学生・教員相互のコミュニケーションを密なものとするために7名~10名前後に1名の指導教員が担当し,出席状況及び学業成績に関する個別相談,ご父兄との連絡・懇談,その他学生生活について助言を行っています。

看護学部

学生の修学及び修学に関する学生生活について指導助言し,学生生活の向上を図ることを目的に,各学年ごとに学生7~8名に対し1名の教員がアドバイザーとして置かれています。また,学年ごとのアドバイザーの連絡・調整並びに学年単位で行うことが望ましい学生生活上の連絡指導と,父母の連携・懇談を行うために,各学年に1名の学年主任と,それを補佐する2名の副主任が置かれています。