• 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  • お問い合わせ先

English

  • 法人案内
  • 大学案内
  • 入試情報
  • 教育・研究施設
  • 愛知医科大学病院
  • メディカルクリニック

文字サイズ

加齢医科学研究所

加齢医科学研究所の専任部門である神経病理部門は当地方の神経病理の診断,教育・研究センターとしての役割を果たしています。神経疾患の治療に携わる臨床医,病理医の協力を得て,東海3県の主要な病院において神経疾患で亡くなられた患者さんの病理解剖による脳・脊髄の検索を年間150~200例程度行い,各病院,各地域での臨床神経病理検討会(CPC)を年間40回以上行っています。

教育方針

加齢医科学研究所では医学生のみならず,卒後の医師・研究者が神経疾患の病態を理解するために,実際にヒトの脳・脊髄を手でさわり,観察することができます。自分自身で標本作製・神経系の特殊検索方法を学び,自ら顕微鏡で標本を検討し,臨床・画像情報・分子生物学的所見を統合して学ぶことが出来る環境と機会をつくることを心がけています。

活動・研究内容

未熟児から100歳老人まで加齢に伴う脳・脊髄の病理学的変化を検討し,この間に生じてくる認知症や神経変性疾患を含む種々の神経疾患の臨床病理学的研究が加齢医科学研究所の主要な研究テーマです。健やかに老いることを阻害するアルツハイマー病,前頭側頭葉変性症,レビー小体型認知症などの認知症,脊髄小脳変性症,筋萎縮性側索硬化症,多系統萎縮症,パーキンソン病などの神経変性疾患,プリオン病の病態解明を目指しています。

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
吉田 眞理 教授 神経変性疾患,認知症,運動ニューロン疾患
岩崎 靖 准教授 神経変性疾患,認知症,プリオン病
三室 マヤ 助教 神経変性疾患,認知症,パーキンソン病,多系統萎縮症

研究テーマ

氏名 研究テーマ
吉田 眞理
  • 神経変性疾患,認知症,運動ニューロン疾患の臨床病理学的研究
岩崎 靖
  • 認知症,プリオン病の臨床病理学的研究
三室 マヤ
  • シヌクレイノパチーの臨床病理学的研究

ブレインリソースセンター(AKBRC)

キーワード

加齢,神経病理,運動ニューロン疾患,パーキンソン病,脊髄小脳変性症,認知症,多系統萎縮症,神経感染症,脱髄疾患,プリオン病,脊髄,病理解剖

関連リンク

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表) 加齢医科学研究所
E-Mail
kareiken@aichi-med-u.ac.jp