臨床実践看護学領域<診療看護師コース>

本領域では,(1)厚生労働省認可の看護師特定行為研修教育 (2) 日本NP教育大学院協議会が指定するプライマリケア領域とクリティカルケア領域の診療看護師教育カリキュラムの基準を満たす大学院NP養成コース教育 (3) 臨床看護学に関する研究と修士論文作成の3つの教育を柱としています。 診療看護師養成コース・プライマリケア領域で修得するプライマリケアメディシンは国民のあらゆる健康上の問題,疾病に対し,総合的・継続的,そして全人的に対応し,地域保健医療福祉機能を担うことを目指します。また,NP養成コース・クリティカルケア領域は,極めて重篤状態にある患者に対する全身的・系統的な治療と管理を習得するクリティカルケアメディシンを担うことを目指します。このように,診療看護師は,高度な知識,技術,判断力を学び,高い臨床実践能力を有するとともに,研究活動を通じて広い視野を身につけることで,チーム医療の中心的役割を果たすことができるリーダーシップを備えた人材となります。 診療看護師コース修了生の中には,愛知医科大学病院において,周術期医療に携わっている修了生もいます。修了生が実績を積むことで,診療看護師の必要性についても評価されています。診療看護師コース修了者は、高度な思考力・判断力,実践力を備えた看護師として,多くの課題を抱える日本の医療福祉においてチーム医療の中心的役割を果たすことができる人材になると確信しています。(臨床実践看護学 教授 小松 徹)

教育方針

診療看護師コースでは,看護学を基盤とした包括的アセスメントに基づいた高度な看護実践力を有し,医師との協働による治療プロセスを実践し,チーム医療の中心的役割を果たすことができる診療看護師を育成することを目標としています。

活動・研究内容

学生活動

在学生の声「第1学年:竹山欣也さん」

これまで10年以上,クリティカル領域の現場に携わってきました。クリティカル領域では,タイムリーな患者さんの状態の把握や治療を必要として,早期に治療を開始することで,患者さんの安定が得られます。私は,急速に状態や状況が変化するこの領域において,ベストな対応ができ,今できる最良の看護・医療をタイムリーに提供したいという想いを常に抱えていました。しかし看護師では出来ない判断や処置があります。そのジレンマを解決できる可能性として診療看護師の存在を知りました。
医療の高度化に伴い看護師に求められる知識や技術の向上も期待されるところだと思います。より高度な知識と技術を学び看護を深め,患者さんの回復を助け安心と安全を提供できる存在になりたいという想いで診療看護師コースを選択しました。

在校生の声「第2学年:加藤直輝さん」

生理学・薬理学は医学部と同じ講義を受けられることや,シミュレーション教育も充実していることがとても魅力的です。「臨床推論」の授業は,さまざまなシミュレーターを用いたり患者さんを診察したりして,何を学ぶことが大切なのかを考えながら学ぶことができました。1年間の講義・演習を通じて今までの看護の視点に加えて,医師の診断視点の在り方を知ることが出来たことは,これまでにない大きな学びを得ることが出来ました。

修了生の声「H26年度:伊藤美佳さん」

NP資格認証を取得し4年目となりました。現在,心臓血管外科に所属し周術期管理を中心に活動を行っています。心臓血管外科診療看護師の主となる業務は,心臓血管外科医と協働しICUの術後管理,診療の補助,後天性心疾患を中心としたNP外来での病歴聴取・身体診察および術前評価,手術に伴う説明,患者・家族支援など多職種との連携を図り情報を共有化し医師へフィードバックするなどチーム医療が円滑に提供できるように働きかけることです。これに加えて,実践を通じて臨床現場にて働く看護師の教育などにも携わることで看護師全体のスキルアップに貢献することでよりよい医療の提供を目指して日々活動を行っています。
現在,診療看護師による医療行為が多く取りざたされていますが,医学的知見をもつ看護師であるからこそ,患者・家族へ生活・社会的背景を意識した治療とケアの提供に繋がると考えております。今後も,チーム医療のキーパーソンとしてだけでなく,看護の視点からみた医療の提供を大切に活動していきたいと思います。

卒業後の活動

「卒業生の進路状況」

  • 愛知医科大学病院 看護部・麻酔科
  • 独立行政法人地域医療機能推進機構 中京病院 看護部・心臓外科
  • 名鉄病院 看護部・麻酔科
  • 社会医療法人大雄会 総合大雄会病院 看護部(救急外来)
  • 社会医療法人蘇西厚生会 松波総合病院


愛知医科大学NP研究会(ANP研究会)

愛知医科大学では,ANP研究会を立ち上げ2か月に1回のペースで研究会を開催しております。現在は,まだ診療看護師の数も少なく,修了された方の多くがそれぞれの施設において,1人で活動しています。1人で何もないところから活動するためのシステムを作り,実践を行っていくのは容易ではありません。そこで,先輩修了生が,後輩修了生をサポートするとともに,相互に情報交換をすることが可能な場を作ることを目的として研究会活動を行っています。 主な活動内容は,病院施設において診療看護師活動のシステムを立ち上げるための情報提供や,卒後臨床研修プログラムの作成,業務規程や特定行為手順書の作成方法などを情報交換会や勉強会の形式で行っています。この他にも,実践報告や共同研究としてデータ収集や,自施設ではできない研修を他施設で行う取組みも実施しています。 自施設に戻った際に,診療看護師が1人になったとしても,皆で協力しサポートできる活動を行っていますので,修了後も1人ではない安心感と心強さがあります。 研究会には,資格の有無に関わらず大学院生も参加していますので,在学中から修了後に想定しえる様々な情報を得る場にもなっています。

NP教育および特定行為研修にかかわる講演会/特別講義の開催実績

H26.8.2  特別講義「チーム医療における高度実践看護師の現状と課題」
H27.9.12 特別講義「高度実践看護師の現状と課題」
H28.5.21 ウィンクあいち 研究科セミナー「特定行為研修修了者の役割」
H28.6.18 特別講義「診療看護師(糖尿病看護領域)の活動の実際」
H29.7.1 ウィンクあいち 研究科セミナー「特定行為研修と医療体制のなかでの看護業務拡大」

修了生課題研究論文テーマ

  • わが国の手術室における医療安全に関する文献研究
  • チーム医療における医療者間のコミュニケーションに関する文献研究
  • わが国の救急外来におけるトリアージに関する文献研究
  • 集中治療におけるせん妄に関する文献研究
  • 看護を基盤とした診療看護師による全人的アプローチの探索
  • 病院の他職種との協働における診療看護師の役割
  • 手術前患者の口腔内衛生とその関連要因に関する基礎的調査

在校生関連事項

 第2学年 加藤直輝さん:愛知県看護協会 看護協会研究助成獲得(H30-31)

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
小松 徹 教授 周術期
西川 和裕 教授 腎臓病学,透析療法,診断学
阿部 恵子 教授 医療コミュニケーション
山中 真 准教授 医療安全管理学
黒澤 昌洋 講師 理論看護学,クリティカルケア看護学

研究テーマ

氏名 研究テーマ 参考文献(URL)
小松 徹
  • 麻酔と自律神経活動
  • 超音波ガイド下末梢神経ブロック
  • バランス麻酔
西川 和裕
  • 自己免疫性腎炎における病態の解明
  • 炎症性疾患における補体の関与
阿部 恵子
  • コミュニケーション能力に関する研究
  • 多職種連携教育に関する研究
  • 模擬患者に関する研究
山中 真
  • 転倒/転落による外傷評価
  • 看護技術の可視化
黒澤 昌洋
  • 診療看護師・看護特定行為教育・実践に関する研究
  • クリティカルケア患者の経験に関する研究
  • 麻酔と自律神経活動に関する研究

カリキュラムの特色

診療看護師コースでは,修士の学位に加えて,日本NP教育大学院協議会が定めた標準カリキュラムに基づき,日本NP教育大学院協議会日本NP資格認定試験受験資格を得ることができるとともに,厚生労働省特定行為指定研修機関として特定行為38行為21区分の研修により,特定行為看護師の認定を得ることができます。加えて,平成31年度より東海圏で初めてクリティカルケア領域・プライマリケア領域の二つの診療看護師コースの併設開講を実施致します。
本学におけるカリキュラムの特徴として,3つの科目習得から看護を基盤とした質の高い診療看護師の育成を行っています。1)看護理論,看護倫理,看護研究方法論をはじめとした看護系科目では,診療看護師の実践を探求する基礎的能力を修得します。2)チーム医療特論などの共通科目では,チーム医療・多職種協働を実践できる知識と思考を修得します。3)専門科目の病態生理学特論,臨床薬理学特論,疾病特論,臨床推論,フィジカルアセスメント演習,呼吸器・循環器治療のための実践演習などでは,診療看護師に求められる知識と技術を修得します。
看護系科目による看護学の学びとともに,医学系科目の医学に関する学びは,医学部講義を受講し医師と同レベルの学びを深めます。各専門領域の医師による講義・演習,大学病院での演習・実習,特定行為に関する局所解剖演習を行うなど,医学部・大学病院を併設するメリットを生かした教育を行っています。また,診療看護師が非常勤講師となり,診療看護師の視点から必要な実践的内容を教育しています。教育,研究,臨床経験豊かな教師,総合学術情報センター,シミュレーションセンターなど充実した教育環境が,診療看護師に必要な学びを支援します。

年間スケジュール

3つのポリシー(診療看護師コース)

高度実践看護師(診療看護師)コースにおいては,研究科のポリシーに加え,次のとおり独自のポリシーを設定している。


卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

臨床実践看護学領域における高度な看護実践並びに課題解決と看護の質向上を推進していくために,以下の能力を身につけたものに学位,特定行為研修修了,日本NP大学院協議会日本NP資格認定試験受験資格を授与する。

  1. 包括的健康アセスメント能力
  2. 医療処置管理の実践能力
  3. 熟練した看護の実践能力
  4. 看護管理能力
  5. チームワーク・協働能力
  6. 医療保健福祉の活用・開発能力
  7. 倫理的意思決定能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

臨床実践看護学領域における高度な看護実践能力を修得するために,以下の方針に基づき教育課程を編成する。

  1. 診療看護師教育課程基準に基づいた共通科目,専門科目(実習,課題研究を含む)で構成する。
  2. 共通科目では,看護理論,看護倫理,看護研究方法論をはじめとした看護系科目により,診療看護師の実践を探求する基礎的能力を修得する。また,チーム医療特論,医療安全・看護管理特論,保健医療福祉システム特論により,チーム医療・他職種協働を実践できる知識と思考を修得する。
  3. 専門科目では,講義科目として診療看護師総論,病態生理学特論,臨床薬理学特論,疾病特論により,看護師に求められる知識と技術の基盤を学習する。
    演習科目としては,臨床推論,フィジカルアセスメント演習,呼吸・循環器治療のための実践演習をはじめとした科目により,診療看護師に求められる知識と技術を修得する。
    実習においては,診療看護師の役割を担うための実践力を養う。
    これらの教育課程においては,厚生労働省特定行為研修指定研修機関としての特定行為38行為21区分の研修を含む。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

診療看護師コースでは,臨床実践看護学領域において包括的アセスメントに基づいた高度な看護と,医師との協働による治療プロセスを実践できる診療看護師を育成することを目標としている。そのため,以下のような資質と経験を有する人材を求める。

  1. 臨床実践看護学領域における知識と実践経験を有する者
  2. 診療看護師として,看護の発展と役割拡大を目指す意思を有する者
  3. 課題研究に関する展望を持ち,論理的思考力を有する者
  4. 広い視野と探究心を持ち,自ら学ぶ姿勢を有する者
  5. 豊かな人間性と倫理観を備えている者
  6. チーム医療において,多職種と協働できるコミュニケーション能力を有する者

科目概要(診療看護師コース)

*診療看護師コースの専門科目における講義および実習は,昼間に実施されます。

出願資格等

 高度実践看護師(診療看護師)コースに出願できるものは,下記の条件を満たし,募集要項に示した出願資格を有するものとします。

  • 医療機関における看護師としての実務経験を5年以上有する者
  • 修了時まで昼間の就学時間を確保できる者

詳細ついてはこちらをご確認ください。

キーワード

クリティカルケア,プライマリケア,診療看護師,看護師特定行為

関連リンク