カリキュラム

教育目標

本看護学研究科では,広域看護学分野(看護管理学,母子看護学,災害看護学,慢性看護学,精神看護学,老年看護学,地域看護学,感染看護学,クリティカルケア看護学)と高度実践看護学分野(感染看護学,クリティカルケア看護学)の2分野を設置し,看護実践者の研究能力の向上,教育・管理に貢献できる看護職者の質的向上をめざした教育を行うことを目指している。

カリキュラムの特徴

共通科目

広域看護学分野・高度実践看護学分野の専門的看護の学習を深める前に,共通科目として,「看護理論」,「看護倫理」,「看護研究方法論Ⅰ」の3科目(必修科目)を履修し,看護学の原理や研究的視点を培うことに基盤をおいている。

さらに,「看護管理論」,「看護教育論」,「看護研究方法論Ⅱ」,「看護政策論」,「コンサルテーション論」や「国際看護学」を配置し,高度看護実践力の育成と国際性を視野においたカリキュラムとなっている。

また,高度な専門的能力を育成するため,看護の専門的かつ実践の基盤となる科目や看護学の研究的志向に関する科目を配置し,看護実践の方法論と知識を体系的に学ぶことを基本的な考えとしている。さらに,本研究科では,研究の初学者が多いことから,量的・質的研究を学習できるカリキュラムを取り入れることで看護研究に力を入れ,かつ丁寧に学習するような構成となっている。

専門科目

共通科目を履修後,広域看護学分野と高度実践看護学分野ごとに学習を展開する構成で専門科目が位置付けられている。

特論では,各分野の概論や特有の内容をオムニバス形式にて展開するとともに,当該領域の専門家による講義を実施し,学習を深める配置をしている。そして,各分野ごとに,文献のクリティークなどを取り入れ,学生自らが学ぶという姿勢を大切にしながら進行する方式をとっている。
また,演習では,専門職者としての知識を得るため,当該領域に特化した内容を学習するような構成となっている。

高度実践看護師教育課程

本研究科では,感染看護学領域及びクリティカルケア看護学領域に,高度実践看護師教育課程を設置し,次の2コースを開講している。

 

専門看護師(CNS)コース

感染看護学領域では,高度実践看護師(専門看護師[CNS])コースを併設して,専門看護師の育成を行っている。

  • 感染症看護

「感染症看護」では,感染症看護の諸概念と微生物学・薬理学・疫学を基盤として,高度な感染症患者への看護実践,感染管理,教育,研究,相談・調整,倫理の実践能力を育成する事を目指し,理論と実践を重視した講義,演習,実習科目を配置している。
実習は,愛知医科大学病院を始め,東海や関東地区の主要な病院において,CNSの実践モデルとなる高度な看護実践を展開している指導者から学ぶ事ができるようにしている。  

実習は,愛知医科大学病院を始め,東海や近畿地区の主要な病院において,CNS等の実践モデルの指導下に役割と機能を修得する目的で実施している。

診療看護師コース

高度実践看護師(診療看護師)コースでは,医師と連携・協働して安心・安全な医療を効果的に提供できる能力をもった高度実践看護師(診療看護師)の育成を行っており,特定行為研修制度の21区分38行為すべてが履修でき,修了後には特定行為研修修了者として厚生労働省に報告される。なお,同コース修了者は,日本NP教育大学院協議会が主催するNP資格認定試験の受験資格を得ることができる。

  • クリティカルケア

「クリティカルケア」では,看護の視点に立った学びを重視し,チーム医療においてその役割を担うために「看護理論」,「看護倫理」,「チーム医療特論」,「医療安全・看護管理特論」などを配置している。さらに,包括的な指示のもとで特定行為の実施に必要となる知識や思考過程及び基礎的な実践能力を習得のために,「病態生理特論」,「臨床推論」,「臨床薬理学特論」などの講義,演習,実習科目として配置している。

実習においては,クリティカルケアに卓越した医師や看護師によるマンツーマンの実習展開を行い,将来,包括指示のもとに特定行為が実践できる人材を育成するための実習内容並びに指導体制をとっている。

特別講義

特別講義では,各領域の専門性を更に高めるために各分野の専門家(学外講師)によるトピックスを学際的な視点で展開している。このため,看護の展望や看護の探求心,知的好奇心を育成するとともに,看護専門職者としての意識の改革,看護に対する関心への動機付けをねらい,特別講義を1年に数回開講している。

国内外の大学との交流

国際性

米国のケース・ウェスタン・リザーブ大学との連携による講義・実習を計画し,質の高い看護実践並びに国際性を培うカリキュラムを設置している。
特に,クリティカルケア看護学領域では,毎年,ケース・ウェスタン・リザーブ大学の教員を招聘して短期研修による講義・演習を開催している。

国内における交流

感染看護学領域では,他の看護系大学大学院との協力などによる講義,演習を行っている。

学位論文

各領域の知識,技術の集大成としての研究を課している。看護学諸領域の発展のため,様々な課題を解決し,看護実践現場で活かせる研究あるいは研究者としての始まりである研究への取り組みを,個別的かつ丁寧に指導し,本研究科における論文作成が将来の看護に活用できるような指導体制を取っている。

教員体制

本研究科における指導体制は,少人数で個別的な指導を行うことを旨としている。このため,研究指導教員を始め2名の研究指導補助教員による研究指導により,初学者であっても確実に(修士論文・課題研究論文)研究のプロセスを学習しつつ,論文を完成させることのできる体制をとっている。

学位授与の方針

看護現象に根ざした人間存在の原理的・統合的・全人的理解を基盤として,学術的・国際的な視点に基づく卓越した看護実践能力及び研究・教育・管理能力を身に付け,高度専門職者として優れた能力ないし教育・研究活動に貢献できる能力を修得した次の者に,修士(看護学)の学位を授与する。

本研究科に所定の期間以上在学し,基準となる単位数以上を修得し,修士論文又は課題研究論文の審査及び最終試験に合格した者