教育目標・カリキュラム

教育目標

本学看護学部の教育理念に基づく教育目標は次のとおりです。

  1. 思いやりのある豊かな人間性を持ち,人間の尊厳と権利を擁護する倫理的判断力を持つ人材を育成します。
  2. 科学的に分析し,明晰かつ批判的・発展的・論理的に思考するクリティカルシンキング能力を持つ人材を育成します。
  3. 看護専門職者として,対象となる人々の健康と幸福を追求し,科学的根拠に基づく看護を提供できる能力を育成します。
  4. 看護専門職者としての自律性を育むとともに,保健・医療・福祉の連携・協働に取り組む能力を育成します。
  5. グローバルな視点を持ち,地域社会の健康増進に貢献する人材を育成します。
  6. 生涯学習に主体的に取り組み,教育・研究者としての資質を持ち,実践科学としての看護学の発展に貢献しうる人材を育成します。

カリキュラム

本学部のカリキュラムは,「教養科目群」,「専門基礎科目群」,「看護学専門科目群」により構成されています。

「教養科目群」は,看護学を学び,看護を実践していくためには,幅広い教養と現代社会の諸問題や自然環境について理解していることが重要であるとともに,学問への導入と大学での学習スキルの獲得が重要であることから,人文科学,社会科学,自然科学,言語と表現で構成されています。

「専門基礎科目群」は,看護専門職者としての基礎的な知識や看護実践能力育成の基盤となる人間と健康,取り巻く環境について理解を深めることを目指して,人間の理解,健康の理解,環境の理解で構成されています。

「看護学専門科目群」は,資質の高い看護実践者を育成するために必要な知識・技術等を学ぶことを目的としており,看護専門職者として生涯にわたり継続して学び続け,教育・研究者としての資質が育つための基盤を固めることを目指しています。すなわち看護学を論理的,実践的に理解し,質の高い看護を提供できるようになるために,次のとおり構成されています。

  1. 基礎看護
    看護学の基礎となる科目で構成
  2. 健康レベル別看護
    健康レベルに対応した科目で構成
  3. ライフサイクル別看護
    ライフサイクル及び発達に応じた科目で構成
  4. 広域看護
    様々な場における個人,家族,集団,地域を対象とする看護の科目で構成
  5. 総合看護
    看護の総合と発展を目指した科目で構成
教育課程編成の概念

実習科目

看護学実習は,学生が講義及び学内演習で学んだ知識と技術を基に,看護実践の場において,対象者(個人,家族,集団,地域)が必要としている看護を主体的に展開するという授業の一形態です。 看護の展開においては,対象者と援助的関係を基盤とした問題解決方法や課題達成方法,倫理的・科学的根拠に基づいた思考を用います。

実習は,主として本学病院で行い,加えて対象者の特性に応じて地域や自宅,さまざまな保健医療福祉施設においても行います。

1学年次から4学年次まで,学習進度に応じた実習を3段階に分けて行っています。

第Ⅰ段階

1学年次・前学期
看護入門実習
2学年次・前学期
基礎看護学実習

第Ⅱ段階

3学年次・前学期
老年看護学実習Ⅰ
3学年次・後学期
精神看護学実習
老年看護学実習Ⅱ
3学年次・通年
治療・回復過程援助実習
療養生活支援実習
4学年次・前学期
母性看護学実習
小児看護学実習
在宅看護学実習

第Ⅲ段階

4学年次・後学期
総合看護実習

保健師課程のみ

4学年次・通年
公衆衛生看護学実習
保健師課程の履修に係る学生選抜
保健師課程の履修を希望する理由が明確であり,かつ将来保健師として活動するための強い意志と必要な知識・能力を有する学生を15名選抜します。

カリキュラムマップ

カリキュラムマップチェックリスト