看護学部長あいさつ

看護学部長 白鳥さつき

看護学部長  白鳥さつき

近年のインターネットメディアの普及と情報過多,人々の価値観の多様化,人口の高齢化と医療の高度化など社会の変化はめまぐるしく,それに伴い医療の在り方はより広く,バラエティ豊かなものへと変わってきています。医療における欠かせない要素である看護の在り方もまた,柔軟に多様性を増しつつあります。厚生労働省が2025年に向けて構築を目指す地域包括ケアシステムは,看護の活躍の場を病院などの医療施設から,生活の場である在宅や介護施設などへの拡大を加速し,看護の重要性を決定的にしました。法律に定められている看護が実施できる医療行為の範囲も広がり,看護の役割と責任はますます拡大しています。このような役割を果たすため,看護師は一層,専門的な科学的知識と実践力が必要となっています。
一方,看護は,古来,母親が子供を慈しみ育て,身近な大切な人の病を手当てすることから始まりました。社会がどのように変化し,人々の考え方や価値観が変わろうと,看護の在り方は変わらず,人を敬い,慈しみ,癒すことにあります。「生」や「死」と向き合い,「病」や「老い」に寄り添うことができるのは,看護職といえましょう。つまり看護は,今日の社会における多様な医療の在り方に応じた高い知識と技術と,人に暖かく寄り添う心の両方を兼ね備え,看護本来の機能である「その人の生活」を大切にし,安全で質の高い看護を提供していかなくてはならないのです
愛知医科大学看護学部は,このような人間尊重を基盤とした思いやりのある看護を提供できる専門職者の養成を目標とし,次のような能力を有する人を求めています。

  1. 人間や社会に関心をもっている人
  2. 他者を尊重できる人
  3. 看護学を学ぶ上での基本となる知的能力や自ら学習する能力をもっている人

アドミッションポリシー

カリキュラムは,人間として豊かな教養を育むための教養科目群,次に看護の基礎となる医学,薬学などを学ぶ専門基礎科目群,それらを基盤とする看護専門科目群で構成されています。看護専門科目群では,小児、母性、老年など各領域の概論,援助論を学び臨床・臨地実習へと進みます。愛知医科大学看護学部の最大の強みは,この重要な臨床・臨地実習のための素晴らしい環境です。看護学部に近接した愛知医科大学病院では,卒業生がプリセプター(新人看護師指導者)やリーダーとして育っており,丁寧な実習指導が学生から評価されております。平成26年に開院した新病院は日本屈指の高度な医療設備を整え,地域の中核病院となっております。実習は病院だけでなく,訪問看護ステーションや老人保健施設など,大学と密接な関係を構築している地域の多くの施設の協力を得て成り立っています。
看護学研究科修士課程では,看護の課題を追求する修士論文コース,高度な看護実践者を目指す専門看護師コース,診療看護師コースがあります。また看護実践研究センターでは認定看護師教育部門や卒後研修・研究部門があります。皆さんが卒業した後には,これらの資源を活用し,将来像を描く参考にしていただくこともできます。
看護を目指す一人ひとりの学生が愛知医科大学での学びを通して,看護専門職として社会に飛び立っていけるよう心から願い,応援しています。

プロフィール

専門
看護管理学 基礎看護学
研究テーマ
看護における専門職社会化,看護職者の労働安全衛生

略歴

昭和49年3月 慶応義塾大学医学部厚生女子学院卒業
平成2年3月 都立医療技術短期大学教員養成課程修了
平成12年4月~平成17年3月 山梨医科大学医学部看護学科准教授
平成14年3月 明星大学大学院人文学研究科教育学専攻修士課程修了 修士(教育学)
平成17年4月~平成19年3月 愛知医科大学看護学部准教授
平成19年3月 長野県看護大学大学院看護学研究科博士後期課程修了 博士(看護学)
平成19年4月~平成21年3月 山梨県立大学看護学部教授
平成21年4月~平成26年3月 長野県看護大学看護学部教授
平成26年4月~現在 愛知医科大学看護学部教授
平成28年4月~現在 愛知医科大学副学長 兼 看護学部長 兼 看護学研究科長