3つのポリシー

医学研究科の研究指導計画及び学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

医学研究科の研究指導計画及び学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

カリキュラム・ポリシー

2つの専攻系(基礎医学系専攻,臨床医学系専攻)を設け,研究指導を行っています。各自の専攻授業科目の他,1年生,2年生において,基礎医学系専攻者は,基礎医学専門研究者養成コースとして,課題解決に向けた技術的方法論を学ぶ研究方法特論を,臨床医学系専攻者は,先端的臨床研究者養成コースとして,研究指導が可能な臨床研究者養成に必要な専門知識と研究方法を学ぶ臨床医学特論を履修し,それぞれ研究初学者が身につけるべき内容の講義を受講します。また,両コース共通の授業科目として共通基礎科目(必修セミナー)を開設し,当該年度に修了を予定する4年生は,各自の研究内容を報告し,研究科委員会運営委員会委員(各専攻系から選出された教員)から,研究遂行・論文作成へのアドバイスを受けることができます。1・2年生はその報告を聞くことにより,これから行う研究のイメージを持ってもらうよう配慮しています。

加えて,年5回,現代医学界のトピックスを取り上げ,各分野での先駆者的研究者を招聘して,特別講義を開催しています。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

医学研究科では,次のようなアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)を設け,入学者選抜を行います。

求める学生像

  • 自ら研鑽に励み,高度な技術と豊富な知識の獲得を目指し,自立して研究を遂行しようとする人
  • 将来,国際的な視野に立ち,先駆的な研究の展開を目指す人
  • 熱意を持って,医学研究・医療分野の指導に当たり,見識を持って社会的貢献に努めようとする人