カリキュラム

教育目標

医学研究科は,国際水準の研究遂行能力を有する研究者の養成を目的としています。学問の多様化に対応するよう,基礎医学専門研究者養成と先端的臨床研究者養成の2つのコースを設け,学際的な視点に立った研究指導を行います。

期待される学習成果

本学大学院医学研究科では,本研究科の課程を修了することにより,次に掲げる成果を得ることを目指しています。

  • 各専門分野の先端的な知識・技術を習得し,専門性や社会性を身に付け,独力で研究プロジェクトを立案・遂行できる。
  • 国際的視野に立った研究を遂行できる。
  • チームのリーダーとしてふさわしいコミュニケーション能力を身に付け,医学研究における指導的な役割を担うことができる。
  • 研究倫理について十分に理解して,それを遵守できる。

カリキュラム・ポリシー

2つの専攻系(基礎医学系専攻,臨床医学系専攻)を設け,研究指導を行っています。各自の専攻授業科目の他,1年生,2年生において,基礎医学系専攻者は,基礎医学専門研究者養成コースとして,課題解決に向けた技術的方法論を学ぶ研究方法特論を,臨床医学系専攻者は,先端的臨床研究者養成コースとして,研究指導が可能な臨床研究者養成に必要な専門知識と研究方法を学ぶ臨床医学特論を履修し,それぞれ研究初学者が身につけるべき内容の講義を受講します。また,両コース共通の授業科目として共通基礎科目(必修セミナー)を開設し,当該年度に修了を予定する4年生は,各自の研究内容を報告し,研究科委員会運営委員会委員(各専攻系から選出された教員)から,研究遂行・論文作成へのアドバイスを受けることができます。1・2年生はその報告を聞くことにより,これから行う研究のイメージを持ってもらうよう配慮しています。

加えて,年5回,現代医学界のトピックスを取り上げ,各分野での先駆者的研究者を招聘して,特別講義を開催しています。

医学研究科の研究指導計画及び学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

医学研究科の研究指導計画及び学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

学位論文審査基準

本学大学院医学研究科では,次の基準により学位論文審査を実施しています。

  • 論文および口頭発表は論理的で明解に記述・実施されている。
  • 専門領域の先端的な知識を持ち,その領域の最新の研究動向を踏まえた研究計画に基づいている。
  • 研究プロジェクトを自ら立案・遂行する能力を身に付けている。
  • 研究の方法と内容に新規性があり,国際的に評価される水準に達している。
  • 自分の研究課題の今後の発展についての明確な展望を持っている。
  • 研究倫理について配慮している。