• 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  • お問い合わせ先

English

  • 法人案内
  • 大学案内
  • 入試情報
  • 教育・研究施設
  • 愛知医科大学病院
  • メディカルクリニック

文字サイズ

乳腺・内分泌外科

リアルタイムバーチャルソノグラフィ (RVS)

リアルタイムバーチャルソノグラフィ (RVS)

外科学講座(乳腺・内分泌外科)は,東海地区では初となる乳腺・内分泌外科学を専攻とする講座として,2002年4月に開講しました。2016年4月現在,教授1名,准教授1名,助教3名,専修医1名で構成され,乳腺,甲状腺,副甲状腺,副腎疾患の外科診療を担当しています。
診断においては,MRIと超音波画像情報を同期することができるリアルタイムバーチャルソノグラフィ(Real-time virtual sonography : RVS)を世界に先駆けて乳腺・内分泌外科領域に導入し,乳房MRIで検出された病変の超音波での検出や,乳癌切除範囲の決定などに臨床応用しています。
治療においては,乳房温存手術,センチネルリンパ節生検,腹腔鏡下副腎摘除術などの侵襲の少ない外科治療に取り組んでいます。また,本院形成外科と連携し,乳房切除術に引き続き,人工物や自家組織を使った乳房再建術を取り入れ,整容性に配慮した手術も行っています。また,チーム医療を積極的に導入し,エビデンスに基づいた薬物療法の実践や緩和医療を通じて,全人的ながん医療を行っています。

教育方針

目標

乳腺・内分泌外科学に必要な臨床能力と研究マインドを併せ持つ指導的医療人の育成

プログラム

本院は,日本外科学会外科専門医制度修練施設,日本乳癌学会認定施設,内分泌・甲状腺外科専門医制度認定施設に指定されています。初期研修直後の1年間は,医学部外科学講座にて外科ローテーションを行います。一般外科医として必要な基本的知識,外科手技,問題解決に必要な判断能力の習得を行い,外科専門医の取得を目指します。初期研修終了後,4~5年間でサブスペシャリティとして乳腺・内分泌外科疾患の修練を行い,乳腺専門医,内分泌・甲状腺外科専門医取得を目指します。診断,外科・薬物治療から再発治療,緩和医療まで一貫して行っており,幅広く診療経験ができます。同時にマンモグラフィ読影医,超音波専門医,がん治療認定医などの資格を取得することも可能です。近年,バイオテクノロジーの進歩に伴い基礎研究の成果に基づいた治療薬が開発され臨床応用されています。このため基礎医学に精通し,研究マインドを持つことも重要になってきます。基礎医学と臨床医学の垣根を越えた研究もさかんに行われるようになっており,専門医養成期間中に大学院へ進学し,学位取得を目指すこともできます。

活動・研究内容

乳癌におけるα(IV)鎖の発現(Nakano S et al, Lab Invest 1999)

乳癌におけるα(IV)鎖の発現
(Nakano S et al, Lab Invest 1999)

基礎研究においては,乳癌・甲状腺癌における癌微小環境(細胞外マトリックス)の特性の解明における基礎的研究を行っています。
特に基底膜型Ⅳ型コラーゲンα鎖[α(Ⅳ)]においては,α3(Ⅳ)~α6(Ⅳ)のsubtypeが存在することが知られており,免疫染色法やin situ hybridization法を用いた解析に取り組んでいます。
臨床研究においては,(1)リアルタイムバーチャルソノグラフィを用いた新たな乳腺画像診断法の開発,(2)閉経前乳癌のホルモン療法,転移性乳癌における薬物併用療法に関する研究,(3)SHAP-HA複合体,血中循環腫瘍細胞などの新規バイオマーカーの開発などを行っています。

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
中野 正吾 教授 乳腺・内分泌外科
藤井 公人 准教授 乳腺・内分泌外科,消化器外科
高阪 絢子 助教 乳腺・内分泌外科
毛利 有佳子 助教 乳腺・内分泌外科
安藤 孝人 助教(医員助教) 乳腺・内分泌外科
大澤 真奈美 助教(専修医) 乳腺・内分泌外科

研究テーマ

氏名 研究テーマ
中野 正吾
  • リアルタイムバーチャルソノグラフィを用いた乳腺画像診断
  • 乳癌・甲状腺癌における転移浸潤機構の解明
  • 乳癌・甲状腺癌薬物療法
藤井 公人
  • 乳癌・甲状腺癌における転移浸潤機構の解明
  • 新規バイオマーカー
  • 乳癌・甲状腺癌薬物療法
高阪 絢子
  • リアルタイムバーチャルソノグラフィを用いた乳腺画像診断
  • 乳癌・甲状腺癌薬物療法
毛利 有佳子
  • 新規バイオマーカー
  • 乳癌・甲状腺癌薬物療法
安藤 孝人
  • 乳癌・甲状腺癌における転移浸潤機構の解明
  • 新規バイオマーカー
  • 乳癌・甲状腺癌薬物療法
大澤 真奈美
  • 乳癌・甲状腺癌における転移浸潤機構の解明

主な研究業績(2016~2009年)

  1. Kousaka J, et al. Targeted sonography using an image fusion technique for evaluation of incidentally detected breast lesions on chest CT: a pilot study. Breast Cancer 2016;23:301-309
  2. Shiomi-Mouri Y, et al.Clinical significance of circulating tumor cells (CTCs) with respect to optimal cut-off value and tumor markers in advanced/metastatic breast cancer. Breast Cancer 2016;23:120-127
  3. Kousaka J, et al. A case of quadruple primary malignancies including breast, tongue, and thyroid cancers and osteosarcoma in a young female without karyotype abnormality. Breast Cancer 2014;  21: 500-503
  4. Nakano S, et al. Reproducible Surveillance Breast Ultrasound Using an Image Fusion Technique in a Short-Interval Follow-up for BI-RADS 3 Lesions: A Pilot Study. Ultrasound Med Biol 2014;40: 1049-1057
  5. Imai T, et al. High penetrance of pheochromocytoma in multiple endocrine neoplasia 2 caused by germ line RET codon 634 mutation in Japanese patients. Eur J Endocrinol 2013; 168: 683-687
  6. Nakano S, et al. Impact of real-time virtual sonography, a coordinated sonography and MRI system that uses an image fusion technique, on the sonographic evaluation of MRI-detected lesions of the breast in second-look sonography. Breast Cancer Res Treat 2012; 134: 1179-1188
  7. Yoshida M, et al. Loss of heterozygosity on chromosome 16q suggests malignancy in core needle biopsy specimens of intraductal papillary breast lesions. Virchows Arch 2012; 460: 497-507
  8. Yorozuya K, et al. A case of estrogen receptor positive secretory carcinoma in a 9-Year-old girl with ETV6-NTRK3 fusion gene. Jpn J Clin Oncol 2012; 42:208-211
  9. Nakano S, et al. Real-time virtual sonography, a coordinated sonography and MRI system that uses magnetic navigation, improves the sonographic identification of enhancing lesions on breast MRI. Ultrasound Med Biol 2012; 38: 42-49
  10. Fujii K, et al. Chemotherapy of a 2-week S-1 administration followed by 1-week rest for advanced and metastatic breast cancer.Gan To Kagaku Ryoho 2011; 38: 1467-1470
  11. Yoshida M, et al. Prognostic factors in young Japanese women with breast cancer: prognostic value of age at diagnosis. Jpn J Clin Oncol 2011; 41: 180-189
  12. Yorozuya K, et al. Evaluation of Oncotype DX Recurrence Score as a prognostic factor in Japanese women with estrogen receptor-positive, node-negative primary Stage I or IIA breast cancer. J Cancer Res Clin Oncol 2010; 136: 939-944
  13. Yoshida M, et al. Intracystic invasive papillary carcinoma of the male breast with analyses of loss of heterozygosity on chromosome 16q. Breast Cancer 2010; 17: 146-150
  14. Mouri Y, et al. A case of osteonecrosis of the jaw in a breast cancer patient with bone metastases receiving long-term treatment with bisphosphonates. Breast Cancer 2009; 16: 147-150
  15. Nakano S, et al. Fusion of MRI and sonography image for breast cancer evaluation using real-time virtual sonography with magnetic navigation: first experience. Jpn J Clin Oncology 2009; 39: 552-559

 

キーワード

乳癌,甲状腺癌,乳腺腫瘍,甲状腺腫,副甲状腺腫,副腎腫瘍,リアルタイムバーチャルソノグラフィ,細胞外マトリックス,癌転移浸潤機構,バイオマーカー

関連リンク

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 22140(乳腺・内分泌外科医局)
FAX
0561-63-6841
E-mail
nyunaige@aichi-med-u.ac.jp