• 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  • お問い合わせ先

English

  • 法人案内
  • 大学案内
  • 入試情報
  • 教育・研究施設
  • 愛知医科大学病院
  • メディカルクリニック

精神科学講座

精神科学講座は,名古屋市を含め愛知県東部地域を広くカバーした精神疾患の診療拠点としての役割を担っています。診療領域は統合失調症・うつ病・双極性障害・てんかん・認知症を中心として外来/入院診療を行っております。
こころのケアセンター発足に伴い,各科との連携を今まで以上に強化した形でリエゾン精神療法を行っております。

教育方針

精神科学講座では,本当に自分の関心が惹起される精神科の分野は何かを知ってもらうためにも,あらゆる種類の精神科疾患を一通り体験し,自立して診療ができるようになることをトレーニングの最低限の目標としています。臨床心理士との合同症例検討会,児童ケースの症例検討会,てんかん症例検討会,認知症カンファレンスを通じ各分野の研鑽に努めております。

活動・研究内容

主な研究テーマは「てんかん」です。

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
兼本 浩祐 教授 精神病理学(うつ病・精神分裂病など),神経心理学,臨床てんかん学
大島 智弘 准教授 てんかん
森 康浩 准教授 臨床精神薬理学,心身医学
深津 孝英 講師 症状性精神病,認知症,気分障害
田所 ゆかり 助教
星野 有美 助教
加藤 悦史 助教 犯罪精神医学
田村 瑤 助教 精神医学一般
郷治 洋子 助教(医員助教) 精神医学一般
野嵜 晃 助教(医員助教) 精神医学一般
河合 三穂子 助教(医員助教) 精神医学一般
朴 盛圭 助教(医員助教) 精神医学一般
佐治 木萌 助教(専修医)
竹内 伸行 助教(専修医)
千賀 梨乃 助教(専修医)
利重 貴浩 助教(専修医) 精神医学一般
櫻井 啓貴 助教(専修医)
松岡 絵美 助教(専修医)
加藤 友里子 助教(専修医)
杉田 虎太郎 助教(専修医)
林 正樹 助教(専修医)
吉田 太郎 助教(専修医)

研究テーマ

氏名 研究テーマ
兼本 浩祐 臨床てんかん学,精神病理学,神経心理学
大島 智弘 臨床てんかん学
深津 孝英 生物学的精神医学

教授挨拶

兼本浩祐

精神神経科の外来患者数は,1日平均90.7人です。その患者構成は神経症が1番多く29%,次いで感情障害が27%,統合失調症は25%,てんかんは5%で,老人性の疾患と児童期の疾患がそれぞれ3%を占めております。児童専門外来や神経心理特殊外来なども行なっています。
神経症は穏和精神安定剤による薬物療法と精神的な葛藤を洞察してゆく精神療法を併用し,症状の軽快を図っています。また,必要に応じてカウンセリングとの並行治療も行っています。
感情障害は,その多くが抗うつ剤や感情調整薬の投与で改善しています。
統合失調症には,急性発症タイプと慢性経過タイプとがあり,前者は抗精神病薬により,2~3ヶ月で軽快することが多いですが,後者は治療抵抗性であることが多いです。しかし,最近発売された新薬の使用や,作業療法,支持的な精神療法を中心に治療を勧めています。
てんかんについては,投薬による発作のコントロールと,その後のフォローアップを行っています。
児童・思春期外来では,ADHDやアスペルガー障害,高機能自閉症などの発達障害,小児神経症の診療を行っています。
アルコール嗜癖の場合,原則として断酒会のある治療施設を紹介しています。

専門外来

てんかん外来

曜日:火・木
診療時間:8:30-11:30
担当者:兼本浩祐
受診方法:完全予約制
てんかん及びてんかん性精神病の診療を行っています。
てんかん外科症例については他院への紹介を行っています。

児童精神外来

曜日:水・金
診療時間:8:30-11:30
担当者:星野有美,吉本美央
受診方法:完全予約制
児童・思春期外来では,ADHDやアスペルガー障害,高機能自閉症などの発達障害,小児神経症の診療を行っています。
なお,各種専門外来は年度により曜日の変更が発生しうるので事前に電話にて問い合わせ下さい。

主な研究実績

  • 電気けいれん療法後に錯語の産出が認められないことの意味について 2010 今宿康彦, 千田真典, 松原桃代 and 兼本浩祐.
  • 【てんかん治療Update 研究と臨床の最前線】 最新・てんかん診療動向 心理・社会的研究 てんかんと精神症状 2010 兼本浩祐, 大島智弘
  • 犯罪の多変量解析による臨床的検討 2010 加藤悦史, 遠藤元彦, 南山誠, 杉浦明夫, 河田晃 and 兼本浩祐
  • 偽神経症性統合失調症の再評価 ロールシャッハテストによる不安性障害および統合失調症からの鑑別の試み 2010 小原倫子, 古井由美子, 秋岡良江, etal
  • 自己像幻視ではどうして私が見えるのだろうか? 愛知医大を受診した9症例の検討 2010 深津尚史, 前川和範, 今岡信浩, 田所ゆかり, 多羅尾陽子 and 落合直美

診療・治療実績

外来 1日平均 97.9人
入院 1日平均 30.0人

設備

脳波

統合失調症・うつ病などに対して修正型電気痙攣療法を行っております。

キーワード

統合失調症,うつ病,双極性障害,てんかん,認知症,自閉症スペクトラム障害

関連リンク

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 22130
URL
http://www.aichi-med-u.ac.jp/psych