• 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  • お問い合わせ先

English

  • 法人案内
  • 大学案内
  • 入試情報
  • 教育・研究施設
  • 愛知医科大学病院
  • メディカルクリニック

衛生学講座

衛生学は,健康の維持・増進,また疾病の予防に関して,特に生物学的,物理学的,化学的な外的要因の影響を研究する学問ですが,近年ではこれらの要因にとどまらず,社会的な環境の影響についても検討し,人々の日々の暮らしや,働く人の健康を守るために重要な役割を果たしています。衛生学講座では,地域や職場における健康状態の記述に始まり,さまざまな問題の抽出や,その解決に向けた研究を実施し,科学的根拠を生み出すとともに,その研究結果を集団や個人に還元するための方法についても検討しています。また,個人に寄り添いつつも,集団を俯瞰できるような科学的視野を持った医療人を育成し,その専門性を社会に還元していく研究,教育,社会貢献を実施しています。

教育方針

各教員の専門家としての経験や,また研究を通して得た最新の知見を,講義の中で学生に伝えていきます。
特に,講義・実習の中では,主に以下について学びます。

  • 地球環境と,人々の生活,そして健康,疾病との関連(環境保健)
  • 子どもを取り巻くさまざまな環境が,発育・発達に与える影響(環境保健,母子保健)
  • 働く人の環境や労働内容が,身体的,また精神的健康に与える影響(産業保健)
  • 働く人を守るためのさまざまな法律など(産業保健)
  • 食品の安全を守るための法律や仕組みなど(食品保健)
  • 栄養や食生活が健康,疾病に与える影響など(食品保健)
  • 地域におけるさまざまな健康課題の記述と,その解決に向けた取り組み(地域保健)
  • 社会における「医学・医療」の役割について(実習)

活動・研究内容

1.地域保健・地域医療・医療システムに関するテーマ
地域における健康づくり計画,地域・職域連携システム,地域におけるデータを用いた健康問題の記述,子どもの健やかな発育・発達に関する地域での取り組み,ヘルスプロモーションの考え方を用いた地域・職域での健康づくり活動
2.行動医学・心理社会医学に関するテーマ
ストレスと循環器疾患,睡眠と生活習慣病,ポジティブ感情と健康
肥満への行動科学的アプローチ
3.産業保健・環境保健に関するテーマ
職場のメンタルヘルス対策 第1次予防からリワークまで
有害物質による健康影響,中小企業の安全衛生,教職員の健康管理
4.国際保健に関するテーマ
発展途上国における住民のヘルスプロモーション

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
鈴木 孝太 教授 疫学・公衆衛生学(主に周産期を中心とした母子保健),産業衛生学
柴田 英治 教授(特任) 環境衛生学,労働衛生学,産業中毒学
堀 礼子 准教授(特任) 衛生学,心身医学,睡眠医学
梅村 朋弘 講師 衛生学,環境保健学,産業衛生学,国際保健学
松永 昌宏 講師 衛生学,生理心理学

研究テーマ

氏名 研究テーマ
鈴木 孝太
  • 全国,地域の既存データを用いた,周産期から学童期における記述統計
  • 妊娠中,子育て中の喫煙が,胎児,小児に与える影響の検討
  • 母子保健分野における喫煙対策(ヘルスプロモーション)
柴田 英治
  • 中小企業の安全衛生
  • 室内環境と健康
  • 産業界で使用される有害物質による健康影響
堀 礼子
  • 心理・社会的要因と健康との関連
  • ストレスと(循環器)疾患との関連
  • 職場のストレスに関する研究
梅村 朋弘
  • 浴室およびトイレにおける事故の研究
  • 南アジア(インド,バングラデシュ)における環境問題の調査および住民のヘルスプロモーションに関する取り組み
  • 職場の物理的・化学的因子による健康障害に関する研究
  • 大学・研究機関の安全衛生に関する取り組み
松永 昌宏
  • ポジティブ感情と健康との関連に関する研究
  • 非侵襲的脳機能イメージング法(PET・fMRI)による脳機能研究

キーワード

地域保健医療福祉,母子保健,ヘルスプロモーション,環境保健,産業保健,メンタルヘルス,国際保健

連絡先

医学部 衛生学講座

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 12371,12312
FAX
0561-63-8552

さらに詳細な情報はこちらで紹介しています

衛生学講座ホームページへ