• 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  • お問い合わせ先

English

  • 法人案内
  • 大学案内
  • 入試情報
  • 教育・研究施設
  • 愛知医科大学病院
  • メディカルクリニック

文字サイズ

カリキュラム

教育目標

医学教育は,ヒューマニズムに徹し,医学に関連した社会的使命を進んで果たす医師を養成することを目標としています。現代社会は,医学の研究に豊かな思考力と創造性を発揮し,常に医学の進歩に対応しつつ,高度の知識・技術を身につけることのできる医師又は医学者を求めています。愛知医科大学では,これらの要請に的確に対応するため,3つの教育目標を掲げています。

  1. 将来の医学・医療の様々な分野に共通して必要な基本的知識,技術及び態度・習慣を身につけ,生涯にわたる学習の基礎をつくります。
  2. 自主性・創造性を身につけ,問題解決能力を高めます。そして,医学の進歩と,医療をめぐる社会情勢の変化に対応できる能力を養います。
  3. 医療を,予防・診断・治療からリハビリテーションまでの総合的なものとしてとらえ,自然科学のみならず,その背景にある精神的・社会的諸問題と関係づけ考える力を伸ばします。

カリキュラムの特徴

本学医学部は,時代の要請に即した授業科目を取り入れ,6年間の一貫教育としてカリキュラムを編成しています。また,単位制を基本にカリキュラム編成していることが,大きな特徴となっています。

低学年においては,一部の授業科目で少人数教育を取り入れて教員と学生との全人的接触を図っています。このことは,学生のコミュニケーション能力や問題解決能力を高めるとともに,自主性を伸ばすことにつながっています。

医学部では講義や実験をとおして,基礎医学から臨床医学まで幅広い分野にわたって知識を身に付けることが求められます。将来医師として活躍するためには,知識だけではなく,実習を通して医療従事者としての責任ある態度や価値観を身に付けることが大切です。

このため,1学年次では本学大学病院での早期体験実習(病棟実習,臨床科実習,学外医療機関(同窓生)見学実習),2学年次では心身障害者施設等での体験実習,3学年次では老人保健施設等での体験実習,4学年次では学外医療機関(同窓会)見学実習を取り入れております。

また,1学年次において専門科目の解剖学を開講しています。このことは,医学生としての自覚と学習意欲を早い時期から高めることにつながっています。

モデル・コア・カリキュラムに対応した教育カリキュラムとなっており,臨床医学系科目では統合型の講義が行われています。

臨床実習では,近隣の医療機関の協力を得て行われるプライマリー・ケア実習や診療参加型のクリニカル・クラークシップも取り入れています。

 

新入生ガイダンス

入学式が終わるとすぐに新入生全員参加によるガイダンスを行っています。6年間の学生生活へのイントロダクションとなるガイダンスの内容は,医学の現状や医師を目指すにあたっての心構えなどに関する話,OBからのアドバイス,学内施設の見学,学生生活・学習の手引,救急蘇生法の体験学習,クラブ紹介・・・と盛りだくさん。本学で学ぶための基礎知識を得るほかに,新しい仲間たちとの交流を深めることもこのガイダンスの大きな目的です。

早期体験実習

1学年次に早期体験実習として,病棟実習,臨床科実習,学外医療機関(同窓生)見学実習を行います。

病棟実習は,6月に本学大学病院で行い,医療の実際を体験し学習します。入院患者さんの生活や心理に対する理解を深め,医師・看護師を始めとする医療スタッフや病院各部門の役割を知ることによって医学生としての自覚を身につけ,学習に対する目的意識と思いやりの心を育てることが,この実習の目的です。学生は,看護師とペアを組み,ベッドメーキングや食事の援助,洗髪など,患者さんに対する看護業務を体験します。
臨床科実習は,9月に本学大学病院で行い,臨床科,臨床医師の指導の下に医療の連携と協力への理解を深め,さらに患者さんへの対応,診断・検査等を医学生として初めて体験します。早期に医師としての思考,人間性,倫理観を身につける契機とします。

学外医療機関(同窓生)見学実習は,県内の同窓生の協力を得て,外来患者さんを中心とする多職種連携の現場を見学・体験することで,実際の地域医療現場で行われている連携・協力がいかに重要かを理解・把握します。その体験を通して,医学生としての自覚やモチベーションを高め,学習意欲の向上を強化推進させます。また,低学年次早期に本実習を体験することにより豊かな人間性と質の高い倫理観を身につけます。 

学外体験実習・学外臨床実習

良き医師となるための基礎づくりとして,県内各施設の協力を得て「学外体験実習」を行っています。2学年次には心身障害者施設で,3学年次には老人保健施設で介護を体験します。この体験により,医学を学ぶ心構えを身につけると共に,医療は医師のみによって行われるのではなく,さまざまな職種に支えられていることを,身をもって体験します。

また,5学年次で行っている臨床実習(BSL)の一環として,地域住民と密着した地域医療の実際を学び,医学生としての自覚を培い,意識の向上を図るため,大学近隣の診療施設で学外臨床実習を行っています。

総合医学

「総合医学」は,医師国家試験に対する知識の整理を目的として行います。伝統的な授業科目によって構成された卒前教育に加えて,新しい時代の要請に応えるために授業科目に拘束されない総合的な知識の修得をめざします。