• 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  • お問い合わせ先

English

  • 法人案内
  • 大学案内
  • 入試情報
  • 教育・研究施設
  • 愛知医科大学病院
  • メディカルクリニック

文字サイズ

  • HOME
  • お知らせ
  • 2017年
  • 平成28年度省エネ大賞 事例部門 省エネルギ-センター会長賞を受賞

お知らせ

平成28年度省エネ大賞 事例部門 省エネルギ-センター会長賞を受賞

  • ニュース

2017.03.07

愛知医科大学は,新病院での省エネ活動や成果などが評価され,平成28年度 省エネ大賞 事例部門 省エネルギーセンター会長賞を受賞しました。この賞は,省エネルギー意識や活動,取組みなどの浸透促進に寄与することを目的としており,事業所等において優れた省エネルギー活動を推進し成果をあげた事業者が顕彰され,今回は愛知医科大学が全国の医科大学では唯一の受賞となりました。
その省エネ活動の内容は,新病院完成後に省エネの検証ができるように,大学の職員が新病院の建設前から床面積あたりのエネルギー消費管理ツールを使って,目指すべき省エネ目標値を算定し,それに向けて設計者や施工者と繰り返し検討会を実施してきたことなどが挙げられます。具体的な内容としては,空調や照明などの高効率機器の採用,また空調にはインバータ機能,照明には調光機能を持たせ,後から調整(チューニング)できるよう配慮した上で,クラウド化したBEMS(ビル・エネルギー・マネジメント・システム)を導入し,院内のいたる場所から空調や照明のチューニングができるような仕組みを設けたことなどです。さらに完成後も,省エネパトロールや各種検討会,感染制御チームとの連携活動など,現場目線の省エネ活動や改善を繰り返し積み重ねてきました。またその一方で,個別エアコンや照明サーカディアンなどを採用しているため,外来・入院患者さんには快適な環境を提供できるようにしています。
そうした活動の結果,床面積あたりの年間エネルギー消費量は,算定目標値3,200MJ/㎡を大きく下回る2,210MJ/㎡を達成し,その削減率は約30%に上り,大学病院ではトップレベルの省エネを実現することができています。今後も,それらの活動を継続し省エネ・環境維持に努めていきたいと思います。