愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > 初期臨床研修医募集 > 初期臨床プログラム各科情報 > 皮膚科 卒後臨床研修プログラム

初期臨床研修医募集

皮膚科 卒後臨床研修プログラム

1 指導医(H29.3.1現在)

(1)研修教育指導責任者
   渡辺大輔(教授,部長)
(2)卒後臨床研修センター教員
   竹尾友宏(講師)
(3)厚生労働省監督・臨床研修指導医養成講習会受講者数
   6名
(4)臨床経験7年以上の医師数 ※(1)~(3)を含む人数
   12名

2 一般目標(GIO)

・ 主要疾患や主要症状に対する診断と治療の基礎知識を身につける。
・ 主要疾患や主要症状に対する診断と治療の基本的手技を身につける。
・ 患者およびその家族と望ましい人間関係を確立する。
・ 適切な診療録を作成し理学所見を把握し、診断、検査方針をたてることができる。
・ 基本的な皮膚病理学的判断ができる。

3 個別行動目標(SBOs)

1.

診察・診断

(1)患者の状況を把握し病歴を正確に記載できる。

5-4-3-2-1

(2)皮疹を判断し認識できる。

5-4-3-2-1

(3)皮疹のみでなく全身の診察ができる。

5-4-3-2-1

(4)状況を理解して必要な検査法が判断できる。

5-4-3-2-1

(5)状況を理解して必要な治療法が判断できる。

5-4-3-2-1

2.

検査など

(1)診断や病態把握のため適切な検査項目を選択できる。

5-4-3-2-1

(2)病理組織診断の要否を判断できる。

5-4-3-2-1

(3)画像診断検査の要否を判断し、その結果から診断できる。

5-4-3-2-1

(4)各種皮膚科的検査法の概要と適応を患者に説明できる。

5-4-3-2-1

3.

治療

(1)全身状態を把握し適切な輸液・注射ができる。

5-4-3-2-1

(2)皮膚疾患を把握し適切な外用剤を選択できる。

5-4-3-2-1

(3)皮膚の創傷に適切な創傷治療剤や創傷被覆材を選択できる。

5-4-3-2-1

(4)治療薬の副作用・副反応を正確に把握できる。

5-4-3-2-1

(5)光線・物理・放射線療法の概略とその適応を述べることができる。

5-4-3-2-1

(6)皮膚生検(パンチバイオプシー・メスプローベ)を実施できる。

5-4-3-2-1

(7)切開、切除など小外科手術を実施できる。

5-4-3-2-1

4.

EBM

(1)各種疾患ガイドラインやエビデンスに基づいた治療を選択できる。

5-4-3-2-1

5.

その他

(1)POSに従い適切な診断、治療、教育計画をたてることができる。

5-4-3-2-1

(2)患者と家族にインフォームド・コンセントを行うことができる。

5-4-3-2-1

(3)コメディカルと協調し、チーム医療が展開できる。

5-4-3-2-1

(4)入退院の判定ができる。

5-4-3-2-1

自己評価 5:十分満足にできた、4:十分にできた、3:実行できた、2:不十分にしかできなかった、 1:全くできなかった

4 方略(LS)

・ カンファレンスを通して担当入院患者の診断、治療方針、効果判定を討議する。
・ 指導医または他科に委ねるべき問題があれば相談する。
・ 適切な情報媒体を参考にし、随時指導をうける。

5 評価(EV)

・ 自己評価:評価入力を速やかに行う。
・ 指導医による評価:研修医の自己評価入力を確認し指導医評価を入力する。
・ コメディカルによる評価:病棟や外来での研修医の研修姿勢・勤務状況をコメディカルの立場からみて評価・入力する。

6 週間スケジュール(モデルケ-ス)

  8:30~12:00 13:00~16:00 16:00~17:00 18:00~ 19:00~
外来研修 病棟カンファレンス
教授回診
病棟研修    
外来研修 外来手術、外来処置 病理勉強会、病棟研修    
外来研修 医局検討会
(〜17:00)
医局検討会    
外来研修 オペ室手術 病棟研修    
外来研修 外来手術、外来処置 病棟研修    
pagetop