愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > 初期臨床研修医募集 > 初期臨床プログラム各科情報 > 呼吸器・アレルギー内科 卒後臨床研修プログラム

初期臨床研修医募集

呼吸器・アレルギー内科 卒後臨床研修プログラム

1 指導医(H29.3.1現在)

(1)研修教育指導責任者
   山口悦郎(教授,部長)
(2)卒後臨床研修センター教員
   久保昭仁(教授(特任),副部長)
(3)厚生労働省監督・臨床研修指導医養成講習会受講者数
   4名
(4)臨床経験7年以上の医師数 ※(1)~(3)を含む人数
   8名

2 一般目標(GIO)

・ 一般内科医としての、患者・家族との接し方、病態の把握、身体所見の取り方などの基本的な診療技術を習得する
・ 呼吸器病学における専門的な知識を習得する
・ 呼吸器内科医としての必要な基本的技術が単独で行える

3 個別行動目標(SBOs)

内科医として、患者・家族に適切に接して必要な情報収集ができること

5-4-3-2-1

内科医として、全身の理学所見が適切にとれること

5-4-3-2-1

胸部聴診所見を正確に聴取・表現し,鑑別診断を的確に述べること

5-4-3-2-1

胸部画像(単純X線およびCT写真)の読影(典型的肺疾患に関する画像の知識習得も含む)

5-4-3-2-1

肺機能検査(スパイログラム及び血液ガス所見)の実行と結果分析

5-4-3-2-1

内視鏡検査の必要補助手技(内視鏡操作基本手技を含む)

5-4-3-2-1

気道確保手技(気管内挿管)及び呼吸管理法(NPPVを含む人工呼吸管理法)

5-4-3-2-1

呼吸器感染症(市中肺炎,院内肺炎,日和見感染)に対する抗生物質治療

5-4-3-2-1

肺癌に対する病態評価と治療方針の基本的な考え方への理解

5-4-3-2-1

肺癌に対する化学療法と副作用対策の理解

5-4-3-2-1

気管支喘息及びCOPDにおける長期管理法(呼吸リハビリを含む)と急性増悪治療の実践

5-4-3-2-1

間質性肺炎,膠原病におけるステロイド・免疫抑制剤による治療概念と副作用対策

5-4-3-2-1

終末期患者への対応

5-4-3-2-1

自己評価 5:十分満足にできた、4:十分にできた、3:実行できた、2:不十分にしかできなかった、 1:全くできなかった

4 方略(LS)

研修指導医の指導・監督の下、以下の研修を行う。
・ 病棟研修(入院受け持ち患者の診療)
  -受け持ち患者を診察し、診療録の記載、入院診療概要を記載する。
  -受け持ち患者の処置・注射・点滴等はできるだけ自ら行う。
  -カンファレンスにおける症例検討では受け持ち患者の症例提示を行う。
  -受け持ち患者については内科認定医病歴要約に準じて症例のまとめを行う。
・ 検査
  -入院受け持ち患者および研修目標達成に必要な場合は上級医の指導の下、検査や処置、治療の見学または実施を行う。
  -気管支鏡検査(火曜日午後および木曜日午後)において気管支鏡操作の基本を体験する。
・ カンファレンス
  -カンファレンスにおける症例検討では受け持ち患者の症例提示を行う。
  -症例提示では、病態・問題点・治療方針・治療計画について理解し、症例紹介とディスカッションを行う。
・ 病理解剖 
  -受け持ち患者の病理解剖では、主治医として臨床経過を説明する。
  -受け持ち患者のCPCでは、主治医として症例提示を行う。
・ 症例報告書の作成 
  -担当した入院患者に関する診療概要をレポートとして提出する。

5 評価(EV)

・ 受け持ち患者の病態・問題点・診断および治療方針について指導医と面接を行うことで、研修医の理解度・研修目標の達成度を評価する。

・ 胸部レントゲン・CTの読影、気管支鏡検査等の見学・実施を通じて検査への理解度・習熟度を評価する。

・ カンファレンス時の受け持ち患者の症例提示と症例検討とディスカッションを行うことで、複数の指導医で評価を行う。

・ 受け持ち患者については内科認定医病歴要約に準じて症例のまとめを行う。病歴要約は指導医が監査する。

・ 研修医は必要な自己評価を行う。

6 週間スケジュール(モデルケ-ス)

  8:30~12:30 13:30~17:30 17:30~
病棟診療 病棟診療・(検査:気管支鏡等) 病棟診療
病棟診療 検査(気管支鏡等)・病棟診療 入院患者症例検討会
病棟診療 病棟診療・(検査:気管支鏡等) 病棟診療
病棟診療 検査(気管支鏡等)・病棟診療 症例検討会(呼吸器外科,放射線科と合同),抄読会,(研究発表会), 医局会
病棟診療 病棟診療・(検査:気管支鏡等) 病棟診療
pagetop