愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > 初期臨床研修医募集 > 初期臨床プログラム各科情報 > 周産期母子医療センター・新生児集中治療部門

初期臨床研修医募集

周産期母子医療センター・新生児集中治療部門

プログラムの特徴

新生児医療の基本的知識や技術を習得することはもちろんのこと、新生児医療の実践を通して「対等と尊重の協働」を理念とする真の「チーム医療」を理解することを目指します。周産期母子医療センターは、選択科目期間内から研修することができます。

アピールポイント

新生児医療は、新生児学を中心に、小児循環器学、小児神経学、小児内分泌学など小児科サブスペシャリティに加えて、産科、小児外科、眼科、耳鼻科、口腔外科、形成外科などの診療各科が関わる集学的医療の実践の場です。周産期母子医療センターでは、研修医の皆さんが新生児を診療することで、新生児医療に関する知識を得、ルート確保や超音波検査を始めとするさまざまな基本的技能を獲得することを目指しています。
当科は主治医制ではなく入院患者さん全てを担当しますので、日々さまざまな新生児を診察し積極的に治療方針決定に参加します。難しい症例に対しては、毎日行われるラウンドで患者さんの日々の様子や検査データなどをもとにディスカッションを通じて治療方針を決定していきます。ラウンドには医師、看護師、助産師、病棟薬剤師、メディカルソーシャルワーカーなどが参加するので、「対等と尊重の協働」の理念のもと、職種の垣根を越えたチーム医療を経験することができます。また、通常分娩や帝王切開に立ち会うことで、新生児に対する必要な蘇生処置を学びます。
かわいい赤ちゃんたちに囲まれて、赤ちゃんやご家族にとって最もよい医療とは何かを日々考えながら、一緒に新生児医療を学んでみませんか?

具体的な研修内容

毎日行われるNICU・GCUの回診では、日々の診察所見や検査所見、看護師らの意見をもとに治療方針を決定するので、回診の場を通じてその議論に参加します。回診には病棟薬剤師も参加するので、臨床薬理学を学ぶことができます。さらにはソーシャルワーカーも回診に同行するので、行政による見守りが必要なケースへの対応をともに考えます。
必要に応じて分娩や帝王切開に立ち会い、新生児に必要な救急蘇生処置を学ぶことができます。また、近隣の産婦人科医院から入院要請があった場合には、ドクターカーで迎えに行き、必要に応じて現地で処置を行います。
NICU・GCUへ入院していない産科病棟の新生児の診療も行います。例えば、糖尿病やバセドウ病をもつ母から出生した新生児の管理や授乳中の母体内服薬の検討など、母体と新生児との関係について学び経験することができます。

pagetop