愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > 初期臨床研修医募集 > 初期臨床プログラム各科情報 > 救命救急科

初期臨床研修医募集

救命救急科

プログラムの特徴

救命救急科は救急医療と集中治療の両部門の要としての役割を担っている。
救急車による搬入患者は年間3,800台以上におよび、他の市中救命救急センターと同等の豊富な症例を経験できる。救急処置室においては、救急車搬送された全ての救急患者の初期診療を指導者の下で行うことにより、救急医療に関する知識と技術を基礎から身につけることを目標とする。
また、12床の集中治療室(ICU)では、集中治療管理の基本である呼吸、循環、代謝、栄養管理等について学べる。

アピールポイント

  • 救急初期診療を学ぶ
    さまざまな症候を主訴に救急車で来院する軽症から重症までの豊富な症例に対して救急初期診療を行い、指導者のもとで系統的な修練を積むことにより、将来どの診療科をめざすにしろ医師にとっても必須の知識と技術を修得する。大学病院なのでコンサルトすれば各診療科専門医師の指導を仰ぐこともできる。(市中病院との違い)
  • 重症患者管理を学ぶ
    救急医に限らず、全ての医師が患者の急変や重症化に遭遇する可能性があり、このような場合に備えて、エビデンスに基づいた重症患者管理の基礎を身につけておくことは重要である。呼吸・循環管理の対症療法や支持療法は当然として、病態の本質を捉えて根本的な治療に繋げることができる洞察力を修得することがICU研修を通じて可能となる。
  • 病院前医療や災害医療を学ぶ
    救急車で来院する患者は、救急隊が患者に接触した時点から救急隊員による観察や医療が開始される。したがって救急隊の活動の質を教育・検証・即時の指示体制により保証することが極めて重要である。救急隊からの通報を受けることや、ワークステーション参加や救急隊との検証会を通じ病院前救護を指導する医師として求められる知識を獲得する。

具体的な研修内容

  • ERおよびICUでの診療
    ERおよびICUにおいて救急科専門医の指導下に診療を行う。必要があれば各専門診療科にコンサルトし指導を受ける。
  • カンファレンス
    毎朝開催されるカンファレンスに参加して知識を習得する。毎週の抄読会に参加し最新の医学的知見を得る。初期研修医にも学会発表の機会を積極的に与える。
  • 教育活動への参加
    救急医は臨床教師とならざるを得ない。このため、初期研修医を積極的に教育業務に参加させることは重要である。ERおよび救命救急センターでの学生、初期期研修医(後輩)への教育、カンファレンスの運営、各種教育訓練コースへの参加、コメディカルや一般市民への教育などがある。ICLSインストラクターへの道も希望者には開かれている。
  • ミニレクチャー
    体系的な知識の習得目的で、症例を体験した後などに必要に応じて関連領域のミニレクチャーを行う。
pagetop