愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > 初期臨床研修医募集 > 初期臨床プログラム各科情報 > 泌尿器科

初期臨床研修医募集

泌尿器科

プログラムの特徴

泌尿器科学とは腫瘍学(前立腺癌、膀胱癌、腎癌、副腎癌、精巣癌など)、排尿障害(前立腺肥大症、神経因性膀胱、尿失禁など)、男性不妊、尿路感染、勃起不全、男性更年期障害など極めて幅の広い学問です。特に本研修では下記を中心に将来何科に進んでも役立つ内容となっています。
・バルーン挿入技術を含めた排尿管理
・腎、膀胱、前立腺を含めた腹部エコーの習得
・尿管結石を含めた急性腹症の診断
・尿路感染症、敗血症の診断、治療

アピールポイント

  • 泌尿器科は外科です!手術の好きな人歓迎!内視鏡(経尿道)手術、開腹手術はもちろん鏡視下手術や最先端のロボット手術(ダ・ヴィンチ)と盛り沢山です。
  • 泌尿器科は内科です!尿路感染症や敗血症治療、排尿障害や尿失禁の内服治療を始め、輸液管理など内科的治療や終末期医療、緩和医療などを経験・学習する機会も十分にあります。
  • 大学院に進めば基礎的な研究もでき、もちろん学位も取れます。
  • 後期研修だけでなく初期研修においても学会などでの発表の機会があります。
  • 平均年齢30代中盤の比較的若い医局ですのでフットワークも軽く、活気もあり、日常的な診療から将来の進路などまで、相談のしやすい環境です。厳しい中にも和気藹々とした雰囲気がある科です。
  • 男性の多い科ですが、もちろん女性の研修も歓迎です。女性の患者さんからは女性医師の希望も多く、臓器脱、腹圧性尿失禁、過活動膀胱などを扱う女性泌尿器の分野もあり、将来的にもますます大きな需要を望めます。

具体的な研修内容

初期研修においては基本的なことから何でもやっていただきます。
・ルートキープ、バルーン挿入、血ガス採取、CV留置などの一般処置。
・尿管ステント留置、膀胱瘻、腎瘻の造設などの専門的な処置。
・救急外来などで役立つ、尿路結石、血尿、尿路感染症、外傷、バルーン挿入困難への対応。
・泌尿器学的な検査(腹部・尿路系超音波検査、尿路造影検査など)の施行、および評価。
・手術参加(内視鏡手術・小手術では助手から、執刀まで!)。鏡視下手術やロボット手術も有。
・周術期における全身管理の習得。
後期研修では上記のさらなる習熟とともに、研究や専門医の取得などのテーマが課されます。
・泌尿器Q&A
 Q:泌尿器科って陰部と性病ばかりみているんですか?
 A:性病はおそらく数十~数百人に1人くらいです。
  悪性腫瘍や前立腺肥大症などの排尿障害、尿路結石、尿路感染症がほとんどです。
 Q:QOL高いですか?
 A:手術は多いですが、比較的緊急の処置や手術は少なめかもしれません。
 Q:泌尿器科って名乗るのは恥ずかしくないですか? A:慣れれば逆に誇りに感じるほどです。
皆さんの研修をお待ちしています。

pagetop