愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > 初期臨床研修医募集 > 初期臨床プログラム各科情報 > 皮膚科

初期臨床研修医募集

皮膚科

プログラムの特徴

愛知医科大学皮膚科では1か月程度の研修で皮膚科診療の基本手技、診断や治療の概要を学んで頂きます。単なる見学にとどまらず、実際に患者さんとコミュニケーションを取り、診療に携わって頂きます。手技や検査は可能な限り実際に経験して頂きます

アピールポイント

皮膚症状はどんな診療科においても経験します。
皮膚科は皮膚疾患だけを対象にした診療科ではなく、発疹は全身症状を現すシグナルでもあります。
また、将来、皆さんは皮膚科以外の診療科を選択しても「先生、ついでにこの湿疹も診てください。」と患者様からきっと声を掛けられることがあるでしょう。その時に「私は皮膚科医ではありません。皮膚科に行って下さい。」と返答することはできるでしょうか?
将来、皮膚科を志望する先生も、しない先生方も一度は皮膚科の研修を行い基本的な皮膚科の診察技術を修得しておくことは必ず良い経験となります。むしろ、将来、皮膚科を志望しない先生方ほど一度は皮膚科研修を経験することをお勧めします。

具体的な研修内容

主に外来・病棟研修を行ってもらいます。
外来では、新患さんの予診を録り、それに引き続き担当医の本診察を見学することで、皮膚科外来診療の実際をシミュレーションすることが出来ます。また、皮膚科特有の検査(皮膚生検・糸状菌検査・Tzanckテストなど)や治療手技(凍結療法・光線療法など)を実際に体験し実施して頂き可能な限り修得していただきます。
病棟では入院患者を数名担当し、診察やカルテ記載、検査のオーダーを行います。また、診療部長回診やカンファレンスにおいて担当患者についてプレゼンすることも良いトレーニングになります。

pagetop