愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > 初期臨床研修医募集 > 初期臨床プログラム各科情報 > 整形外科

初期臨床研修医募集

整形外科

プログラムの特徴

運動疾患・外傷に対応できる基本的な初期診療能力を修得する。救急疾患の実例として、骨折、関節の脱臼および靭帯損傷などの外傷の初期治療、開放骨折、切断指、急性脊椎脊髄損傷などの救急疾患への対応についての基本的な診断・診療技術の理解を深める。

アピールポイント

  • 愛知医科大学整形外科は現在3つのグループ(上肢班・下肢班・脊椎班)に分かれて診療を行っております。骨折などの外傷や急性疾患に関してはグループ間の連携のもと診療を行っております。
  • 研修指導医によるマンツーマンの指導体制で、各研修医に応じたオーダーメードの指導を行います。
  • 救急外来に多数来院される外傷患者の初期診療に則した研修を受けることができます。
  • 希望したグループに所属可能です。所属したグループの専門性の高い知識を得ることができます。
  • 熱意があれば執刀医として手術にも参加することができます。
  • 整形外科志望の研修医に対しては、整形外科専門医に必要な学会発表や論文作成を研修医の内に行うことが可能です。

具体的な研修内容

・各グループ(上肢班・下肢班・脊椎班)に研修指導医を設け、2週間毎、最低でも2グループ以上に所属し、指導医の外来診療(新患・再診)、手術に参加し、入院患者は副主治医として入院中は回診を行います。
・指導医の所属する手術には積極的に参加し、また外傷手術にも参加します。
・手術に参加した患者は副主治医として担当します。
・救急外来からのcallの対応は研修医も参加し、救急外来から入院する患者が手術まで至る流れを理解する。
・緊急手術は基本的に全例call、対応できない時は事前に指導医に伝えておいてください。
・毎朝8時30分に外来集合しレントゲンカンファへ参加する。(火曜日のみ8時に整形外科医局集合し医局会へ参加します)。
・火曜日17時30分からのケースカンファレンスへ参加する。(当直は被らないように配慮してください。)
・当直明けは午前中の業務のみです。
・整形外科志望の研修医に対しては、救急のfirst call・初期対応を行い、指導医のもと手術を執刀する。指導医の協力のもと研修医の間に学会発表を1回以上行い、可能であれば整形外科専門医に必要な論文作成を行います。

pagetop