愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > 初期臨床研修医募集 > 初期臨床プログラム各科情報 > 脳神経外科

初期臨床研修医募集

脳神経外科

プログラムの特徴

脳神経外科では、コンパクトな医局の特性を生かし、少数精鋭によるマンツーマンの丁寧な指導をします。本年度からは、低侵襲医療を旗印とし、脳神経外科全般はもちろん、血管内治療、内視鏡外科を含む体に優しい脳神経外科を目ざしており、伝統ある脊椎・脊髄外科、頭蓋底外科もふくめ各領域でわが国でもトップレベルの治療医が勢ぞろいしております。
大変バランスが取れた指導体制であり、おそらく他の大学では学べない素晴らしい診療、治療技術を習得することができます。希望に沿った研修内容や期間等を相談の上、充実したやりがいのある研修生活を送っていただくことをお約束します。

アピールポイント

救命救急科、脳卒中センター、脊椎脊髄センターをはじめ、他科との連携が充実しており、あらゆる事態に自信を持って対処できる、そんな「頼りになる」脳神経外科医を育成します。
外科的治療はもちろん、内科的診療や全身管理・ターミナルケア、救急対応など、領域は広範囲で、多くの事を学ぶことができます。
博士号や各種認定医資格の取得、国内外留学のバックアップもします。オープンで自由な雰囲気の医局カンファレンスも魅力で、生活や収入、将来の進路などの相談も気軽にできます。さらに世界脳神経外科学会の指定教育研修施設にも認定されたので、今後国内だけでなく海外からの留学生の修学が増えることが予想され、国際的な雰囲気の中で語学やコミュニケーションなど、幅広いキャリアアップができます。
脳神経外科では 意識のない患者さんや、ひどい麻痺のある患者さんが搬送されますが、自分が担当した患者さんが、無事に手術を乗り越えて回復された時には、言葉にできないほどの喜びがあります。また高齢化社会で介護などの社会問題が増えている中で、自らの手で障害を回避させることできれば、患者さんのみならず、ご家族からも大変感謝していただけるのです。でも脳神経外科は手術だけの「切り屋」ではありません。トータルマネージを通して、人の生命に、社会に貢献することができるヒューマニティーあふれる集団です。

具体的な研修内容

指導医と共に数名の入院患者を担当し、神経学的所見の取り方、CTやMRIなどの画像の読影技術、急性期から慢性期までの全身管理など、脳神経外科領域に必要な基本知識を学びます。また初診患者の問診や神経所見から、次に必要な検査および治療計画の立案も行います。
病棟カンファレンスや医局カンファレンスで自験症例を提示し、スタッフとの議論の中から治療方針の考え方を身に付け、同時に学会を意識した発表手法も学びます。
年間手術は550件で、開頭手術130件、脊髄脊椎手術110件、血管内治療180件です。それぞれの分野のエキスパートのもと助手から始め、第一術者に向けたトレーニングを行います。 救急患者の対応から急性期脳卒中患者、神経外傷患者の緊急手術適応を判断し、第一線の脳神経外科医にふさわしい、幅広い即応能力を身に付けます

pagetop