愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > 初期臨床研修医募集 > 初期臨床プログラム各科情報 > 乳腺・内分泌外科

初期臨床研修医募集

乳腺・内分泌外科

プログラムの特徴

  • 日本人女性が最も多く罹患する悪性腫瘍の乳癌を中心として,乳腺・甲状腺・副甲状腺・副腎を対象とした診療・教育・研究を行っています。
  • 当科の大きな特徴は,診断から手術,化学療法,ターミナルケアまで一貫して行っていることです。つまり,患者さんの1臓器だけを診るのでは不十分です。病態だけではなく生活背景・仕事・妊孕性など社会的背景を考慮して総合的に治療を組み立てる実力が求められます。外科手技の習得はもちろん,全身管理や化学療法中の患者管理,ターミナルケアまで幅広く経験できます。

アピールポイント

外科手技はもちろん,内科的内容も含め実践重視の研修を行っています。医療は座学だけでは決して上達しません。したことがない手技はできませんし,使ったことが無い薬は自信をもって処方できません。まずはお手本をやって見せますので,次からは実践してもらい “実際にできる”ことを一つでも増やせるように“実践重視”をモットーに指導しています。
当科では医局員9名中,女性医師が6名と多く,うち4名が子育てとの両立中です。妊娠・出産などのイベントを当科は歓迎します。当科では入院・手術・外来の業務を徹底的に合理化・標準化しています。標準化されているので,休職後でもすぐに即戦力として働くことができます。また,当科医局員の出身大学・初期研修病院は様々です。出身大学による差別は一切ありません。教育熱心で非常に雰囲気が良く,人間関係で悩むこともありませんので,とても仕事のしやすい環境だと断言できます。

具体的な研修内容

・外科手技
手術助手に入り,流れに慣れてもらいながら手術器具の使い方・糸結びよりイチから指導します。1年目の先生は救急外来でも役立つ皮下縫合・埋没縫合を一人でできることを目標にします。複数月ローテや2年目の先生は指導医の監督の下,実力により手術の執刀も行ってもらいます。
・全身管理,化学療法,ターミナルケア
手術に入らない時間は,病棟で入院患者全員を担当医として受け持ちます。何科に進むにせよ,病棟でのマイナートラブル(便秘や不眠など)の対処が一人でできないと将来困ります。これらを基本より指導します。また,外科ならではの創傷管理やターミナルケアとしての疼痛管理(WHO方式疼痛治療法を基本とした麻薬使用法など)も指導医の監督下で主体的に行ってもらいます。外来は化学療法・分子標的治療に特有な副作用マネージメントや薬剤性アレルギーの対応,化学療法剤血管外漏出時の対処を経験してもらいます。しかし,最も大切なのは,いかにして指導医が様々なステージの悪性腫瘍を抱えた患者さんと向き合っているのかをみてもらう事です。我々の診療は疾患の治療だけではなく,仕事の継続・妊孕性・金銭面など社会的背景まで包括的に「診る」総合診療的なものだと実感できるでしょう。複数月ローテの先生や2年目の先生には超音波検査や針生検などもトレーニング後に実践してもらいます。針生検・細胞診はスタッフ並みに上達させますし,実際に短期間で上達します。
・学会発表
当科をローテートした先生には,全国学会を中心とした学会発表の機会を持ってもらいます。スライド・ポスターの作成法,発表技法にはコツがあります。これらもイチから指導します。第27回内分泌外科学会総会で研修医の先生に優秀ポスター賞を受賞して頂いた実績もあります。一般部門での受賞で,学会史上初の出来事でした科をローテート頂いた先生には,基本的に全国学会を中心とした学会で発表の機会を持って頂きます。スライド・ポスターの作成法,発表技法にはコツがあります。これらもイチから指導致します。当科では研修医の先生に内分泌外科学会総会にて優秀ポスター賞を受賞して頂いた実績もあります(研修医セッションではなく,一般の発表での受賞です)。
・マンモグラフィ読影認定医資格
初期研修医で唯一取得できる「認定医」と名乗れる資格がマンモグラフィ読影認定医です。読影試験があり合格率は40-50%程と近年取得が困難な資格です。当科では認定医を目指す先生には独自の方法でトレーニングを行います。トレーニング法も年々改良され,短期間での読影力養成ができるようになってきました。当科スタッフは全員取得しています。当科の指導で研修医期間中での合格実績もあります。合格者のニーズも高いこの資格,皆さん一緒に取得しませんか?当科ローテできなかった先生も歓迎します。


  • やる気次第で執刀医に。

  • 全国学会での発表を
    推奨しています。
pagetop