愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > 初期臨床研修医募集 > 初期臨床プログラム各科情報 > 乳腺・内分泌外科

初期臨床研修医募集

乳腺・内分泌外科

プログラムの特徴

  • 当科では、日本人女性が罹患する悪性新生物のうちで最も多い乳癌を中心として、乳腺・甲状腺・副甲状腺・副腎を対象臓器とした診療・研究を行っています。
  • 日常的に遭遇する機会の多い疾患に対する診療を通じて、一般的診療に必要な基本的手技を学ぶこともできます。各種学会の資格取得に必須とされている疾患の診療も経験することもできます。当科での研修は、外科はもちろんのこと、他科を志す方にも有益な経験となることでしょう。

アピールポイント

研修医の皆さんの可能性を最大限伸ばすことを目指し、長期的視野に立って、指導医が丁寧に指導します。診療の実際を学ぶとともに、医学の発展につながる「臨床的疑問」を明らかにするための研究の方法・考え方などについても学ぶことができます。当科での診療経験の中には外科専門医の資格取得に必須のものがあります。
また、当院は日本乳癌学会・日本内分泌外科学会認定施設でもあるため、当科での診療経験は、将来専門医資格を取得する際の業績になります。社会的ニーズが高く、外科以外の医師も取得するようになってきたマンモグラフィ読影資格をとるためにも、有益な勉強ができます。なお、当科には女性医師が5名所属しています(うち3名は育児中です)。女性研修医の方で、何か相談したいことがあれば、お気軽に声をかけてください。

具体的な研修内容

当科では、外来診療・検査(マンモグラフィ読影、超音波検査、超音波ガイド下針生検、ステレオガイド下マンモトーム生検など)・手術・術後補助療法・再発乳癌の治療・緩和医療・終末期医療を行っているため、1か月の研修期間に診療の全般を経験する機会があります。中野正吾教授が開発し、現在国内外に広がりつつあるReal-time Virtual Sonography®をもちいた精密な画像診断も学ぶことができます。手術では、助手としての経験を積んだ後、指導医の細やかな指導の下で、術者を経験する機会も設けています。全体回診・症例検討会・術後補助療法検討会(各週1回)、外来化学療法症例検討会(月1回)を通じて、診療における現在のコンセンサスとともに、最先端の知識についても学ぶことができます。全体回診で症例提示を行うことや、抄読会で最新の英文論文を紹介することにより、プレゼンテーションの技術を身につけることもできます。病理部との合同症例検討会(月1回)では、病理組織学的所見の検討による画像所見の解析の深め方を経験することができます。ご自身の意欲があれば、学会発表や論文執筆も経験することができ、臨床分野と学問的分野をつなぐ新しい知見を世界に発信する経験を通じて、研修医時代から医師・医学者としての業績を積んでいくこともできます。

pagetop