愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > 初期臨床研修医募集 > 初期臨床プログラム各科情報 > 消化器外科

初期臨床研修医募集

消化器外科

プログラムの特徴

当科研修プログラムでは、手術を中心に術前診断、手術適応の検討、術後管理に関わることで、習得すべき知識・手技を幅広く経験できます。

アピールポイント

術前には関係各科(消化器内科、放射線科)や各臓器グループ内でのカンファレンスで、偏る事のない視点で疾患を評価しています。手術で疾患に直接触れ、フィードバックし、診断能力の向上を図っています。
また桔紮・縫合の手技をはじめ、研修期間中にも虫垂切除術など低難易度手術の術者を経験できることもあります。
手技上達の喜びを感じ、またチーム医療の一員として働き、術後合併症を乗り越えた患者の退院の日には言葉にならない充実感が得られるはずです。
時期が合えば研究会・学会への参加、発表などのチャンスも。
また当科は他科の協力も得ながら、肝細胞癌、門脈圧亢進症の手術、消化管機能研究などの分野で東海地区をリードする立場にあり、その分野の症例数も多く、他施設では稀な手術も手掛けています。
研修修了後は専門医取得をめどに消化管(上部、下部)、肝胆膵の診療グループを選択します。また当院は消化器外科学会専門医はもとより肝胆膵外科学会高度技能医修得の認定施設(高難易度手術の症例数が多い)にも指定されています。
学位、各専門医資格取得、国内・国外留学などのキャリアアップに関しても積極的にサポートしており、個々の医師の目標に対し多数の選択肢を広げています。

具体的な研修内容

手術に助手として入ることを中心に、各カンファレンスへの参加(週3~4回)、数人の担当患者の回診、当番制となっている病棟回診を通じ、周術期の輸液、投薬、検査のオーダー、書類の作成などを行います。また外科的手技にも積極的に参加します。

pagetop