愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > 初期臨床研修医募集 > 初期臨床プログラム各科情報 > 呼吸器・アレルギー内科

初期臨床研修医募集

呼吸器・アレルギー内科

プログラムの特徴

内科医としての基礎を養うとともに呼吸器科医としての考え方、知識、技術を習得することができます。

アピールポイント

呼吸器疾患は、とても幅広く、そして奥深い!
呼吸器疾患は、気管支喘息や肺線維症、サルコイドーシスなどの免疫・アレルギー疾患から、喫煙関連疾患としてのCOPD、感染症、肺癌に対する化学療法や緩和ケア、さらに急性呼吸不全に対する救急治療や慢性呼吸不全に対する呼吸理学療法等、とても多岐にわたる診療領域を持ち、内科領域全般に通ずる知識や経験を得ることも可能です。
当然のことながら研究領域の幅は広く、何に取り組んでも興味の尽きることはありません。
診療活動だけでなく、大学の研究講座として学問的視野に立った研究活動も積極的に行っています。

・当科の指導理念(初期研修および後期研修)

  • 呼吸管理を要する重症患者の全身管理に関する知識・技術向上
  • 気管支内視鏡に関連する度な診断・治療手技向上
  • 画像診断力の向上
  • 呼吸器病学に対する研究・探求心の向上

具体的な研修内容

当科での初期研修期間は、研修する諸君の希望で1ヶ月ないし2ヶ月間のいずれかになります。
研修期間中は、上級医とチームを組み、病棟での呼吸器診療を通じて、胸部画像(X線、CT)の基本的な読影技術と所見から考えるべき鑑別診断について指導します。さらに血液ガス所見の解釈やそれに関連する呼吸生理の理解を深め、呼吸不全に対して適切な初期対応ができるよう徹底指導します。
2ヶ月間の初期研修を希望した場合は、気管支鏡検査などの専門的技術を経験することも可能です。また、週1回の病棟カンファレンスでは、担当した患者のプレゼンテーションを行い、患者の抱える問題点を専門領域だけでなく、「内科学」の視点からも幅広く捉えて深く理解する姿勢を養います。
後期研修では2年間の初期研修の後、当科へ入局の形となり、さらに高度な呼吸器診療を経験し、専門医を目指します。

pagetop