愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > 初期臨床研修医募集 > 初期臨床プログラム各科情報 > 消化器内科(肝胆膵部門)

初期臨床研修医募集

消化器内科(肝胆膵部門)

プログラムの特徴

肝胆膵内科は肝臓グループと胆膵グループに分かれており、当科にはそれぞれにスペシャリストがいます。研修医の皆さんは、それぞれの部門で将来どの科を選ぶにおいても役に立つ消化器内科の基本的なスキル、診察技術の習得を目指します。希望者には、肝疾患や胆膵疾患の専門知識や専門技術を学ぶことも可能です。また、最新の研究や技術などに触れることも可能です。

アピールポイント

  • ラジオ波焼灼療法、ERCP、EST、EVL、EIS、肝生検、造影エコーなど多彩な検査、治療手技が毎日多数あり、飽きることがありません。
  • 救急外来でよく遭遇する腹痛は胆嚢炎、膵炎などの疾患も多く、超音波検査手技を習得することでこれらの疾患が容易に鑑別できるようになり、初期研修の先生にはかなりの安心感が得られることでしょう。
  • 肝胆膵内科で扱う病気は全身を診なくてはいけませんし、感染症(ウイルス感染、細菌感染、腸内細菌など)、糖尿病、高脂血症やメタボリックシンドロームなどの代謝疾患、腫瘍、自律神経など幅広く勉強でき、研究テーマも多彩です。
  • 留学経験者が多く、海外学会の際には単なる海外旅行とは違った楽しみ方を経験することができます。もちろん留学希望者にも積極的に相談に乗れる環境が整っています。
  • 最新の検査や治療、技術に関する研究も行っており、希望者は学んだり参加したりすることも可能です。是非一緒に勉強しましょう

具体的な研修内容

基本的に午前中は超音波検査や内視鏡検査、透視検査の枠に入り、上級医とともにトレーニングを行います。病棟では各グループで診療チームの一人として問診や検査、点滴、内服オーダー、I.Cなどに携わります。
1年目の研修医のみなさんは1~2ヶ月の期間でどちらか、または両方の部門で消化器内科の一般診療を学び、2年目の段階でさらに専門性の高い手技、診療技術の習得を目指します。また医局会での勉強会や各部門別の症例検討会、内科外科放射線科合同でのカンファレンスなどを通じて多くの症例を経験し、EBMに基づいた診療技術の獲得を目指します。


  • 米田教授が会長を務めた学会

  • 学会での討論の一コマ

  • 2017年 アメリカ
    ワシントンDCの国際学会での発表の様子

  • 国際学会の際にメジャーリーグ観戦
pagetop