愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > センターのひろば > Real voice 研修医対談

センターのひろば

Real voice 研修医対談



副センター長

髙橋 今日は、これから研修医となられる方々に向け、皆さんの実体験を率直にお話頂ければと思います。まずは当院を選んだ理由をお願いします。
岡本 母校は帝京大ですがもともと愛知県出身で当院の近くで育ち、子どもの頃から通院していたこともあって自然と当院を志望しました。また、実家が地元で産婦人科のクリニックを開院していることもあり、将来的なことも考えた上で決めました。
黒須 母校は愛知医大ですが出身が東京都なので、研修先として都内の病院も考えていました。しかし、実際に東京で研修医として働いている先生方にお話を伺った結果、当院の研修環境は都内の大病院と比べても遜色ないこと、一方で研修中の待遇や生活環境については長久手市にある当院の方が良好であることが分かり、2年間の初期臨床研修をしっかりと全うできるのはどちらかを考えた末、当院を選びました。大学時代、将来目指している泌尿器科の先生方の指導がとても良かったのも決め手になりました。
松下 私は将来小児科か産婦人科の道に進みたかったので、それを基準に研修先を探しました。市中病院で“もまれる”ことも考えましたが、調べていくと大学病院に比べ研修できる専門科にどうしても偏りがありました。そのため、幅広い診療科が揃い、母校で信頼できる先生方も多い当院での研修を選びました。

黒須 正直、他病院を知らないので評価は難しいですが、外科系については修得すべき手技をしっかりと教えて頂けます。内科系についても指導医の先生方が一人ひとりのレベルに配慮した上で、成長にプラスとなるよう診療を任せてもらえることが多いと感じています。実は病棟で担当させて頂いた女の子の患者さんから、退院するときにお手紙をもらい感激したこともあります。上の先生方が診療に追われて時間が取れない時、研修医が患者さんの気持ちに寄り添う役割を担うというのも、研修医として大事な仕事だと思います。
髙橋 それは貴重な体験ですね。確かに私たち指導医も、研修医の皆さんからもたらされる患者さん情報はありがたいと頼りにしています。岡本先生はいかがですか。
岡本 能力はもちろん「〇〇をやりたい」という研修医の言葉に耳を傾け、患者さんの利益も踏まえた上で、やる気に応えて頂けるのも当院の良さだと思います。反対に、例えば私はマイペースな傾向がありますが、マイナスに捉えられがちな個性であっても、そこからどう成長を引き出すのか、前向きに図って頂ける度量の広さを感じています。
髙橋 今年から専修医となられた松下先生はいかがでしょう。
松下 学生の時から続けて指導頂いていることもあると思いますが、入局した消化器外科でも小児外科医としての成長にプラスとなるよう考えて頂いていており、当院だからこそ専門性の高い小児外科の道にも進めるとの手ごたえを感じています。また、私は将来的に途上国で医師として働きたいとの希望もありますが、当院は院外での活動にも理解とサポートがある点にも期待しています。あと、研修医の時に基礎医学の先生方に実験を見せて頂く機会があり、遠心分離機を自分で操作したというのも楽しい経験でした(笑)。

髙橋 そういえば、当院は大学病院ということもあり、基礎医学等の研究職の先生方からの協力が得やすいのも大きなメリットです。実験設備は高度研究機器部門に連絡の上で見学ができますし、指導者と共に使用することも可能です。
黒須 大学院生ではない研修医でも実験設備を使わせてもらえるのですか?
髙橋 もちろんです。研究に携わる先生方もとてもオープンな考え方でフレンドリーに接してくれます。例えば、研修中にベッドサイドで感じた疑問を、実験・研究に発展させることも可能です。当院だからこその研修環境として、臨床も研究もという意欲に応えていくことも、今後一層力を入れていきたいと考えています。
岡本 将来の選択肢も広がりますね。
髙橋 まず研修医として必要なことを修得することが大切ですが、ぜひ、その先についても可能性を広げられるよう、また、皆さんの意見を取り入れ、病院がより良い進化を遂げられるよう、明日からも一緒に宜しくお願いします。

pagetop