愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > センターのひろば > Real voice 研修医対談

センターのひろば

Real voice 研修医対談

専任教員と研修医・専修医の本音トーク

チーム医療の一員として、重症疾患からcommon diseaseまで豊富な臨床症例を経験。自ら学ぶ姿勢を大切に、患者さんを笑顔にできる医師へと成長。当院を研修先に選んだ理由は?他大学出身者もすぐ打ち解けられるあたたかな研修環境で、大学病院ならではの臨床を経験。

髙橋 杉田先生、大岩先生は2年目、坂野先生専修医になりましたが、本日はこれから研修医となる方々に向け、皆さんの研修体験を率直に語って欲しいと思います。まずは当院を研修先に選んだ理由をお願いします。
杉田 今も決め切っていないのですが、将来の専門科をどうするかに迷いがあり、多様な診療科を経験できる大学病院での研修を通じ、答えを見つけようと考えました。また、個々の症例についてもじっくり検討し学びつつ診療したいと思い、母校である愛知医科大学病院ならそれも可能なことが分かっていたため当院に決めました。
大岩 私は外科志望ですが、杉田先生とも重なりますが、幅広い外科系の診療科の中でどの科に進むのか、実際にいろんな科を見た上で決められる当院を選びました。もちろん母校なので、学生時代から途切れることのない指導やサポートを期待できたこともあります。
坂野 私は市中病院の見学も積極的に行いまいたが、正直、はじめての環境というのは研修先としては大変そうだなと(笑)。初期臨床研修は医師としての基礎をつくる重要な期間なので、それなら気心も知れた母校でしっかりと経験を積んだ方が、自分の将来にはプラスになると考えました。他校出身の方も含め研修医仲間も多いですし、活躍する先輩女性医師が多いことも励みになりました。

実際に研修しての感想は?研修医のやる気に応えてくれる。患者さんのために最善を尽くすという医療の本質を肌で感じる日々。

杉田 臨床症例の豊富さはもちろん、大学病院ならではの専門性と、その専門性に裏打ちされた教育・指導の質の高さを感じています。期待していた以上に様々な先生に教えをこう機会に恵まれ、本学にして良かったと実感しています。
大岩 私も同感です。診療中に困った時でもいろんな先生が助けてくれますし、些細な質問にもきちんと応じてもらえます。また、最近はセミナーの開催も盛んで、私は外科のセミナーにも積極的に参加させてもらってますが、すごく勉強になっています。
坂野 ひとことで言えば内科しか頭になかった私を、外科志望に180度転換させた2年間でした。研修してみたら食わず嫌いだっただけで、すっかり外科の魅力の虜に(笑)
髙橋 いろんな志望を持った先生方がいますが、共通して言えるのは本当にやりたいことに取り組んでいる時は、皆さん目がキラキラしていること。坂野先生も外科のローテ中、キラキラしていたのを覚えています。皆さんのそういう姿を見られることは、私たち教育にあたる医師の喜びであり、応援の原動力になもなっています。
杉田 また、当院の研修は屋根瓦式で実際に当直勤務中も一人きりで困るということがありません。それは私たちのためというより、患者さんの利益を追求すると必然的にそうなるということを肌で感じます。チーム全員が患者さんの方を向いて最善を尽くすという、医療の本質にドップリつかれるのも当院の良さだと思います。
坂野、大岩 その通りですね。
大岩 他に、研修医でも「学会発表は当たり前」といった雰囲気でサポートしてもらえ、やりがいに繋がります。
高橋 学会発表は強制ではありませんが、大学の基礎医学研究等の先生方の協力も得られますし、学位取得に向けた支援も惜しみませんので、何でも相談してください。

今後の目標は?医療に限らず様々なことを吸収し、人として必要とされる医師に。

坂野 私が進んだ乳腺・内分泌外科は、圧倒的に女性の患者さんが多く、女性の医師への期待も大きい科です。疾患の中では乳がんの患者さんが多く、お看取りまで行うことも少なくありません。長いお付き合いとなる患者さんのため、結果の伴うベストを尽くせるよう、いろんなことを吸収して腕を磨いておきたいですね。
大岩 外科の中でも消化器外科に的を絞ったので、今後はより高い専門性の習得に向けて研鑽を積みたいと考えています。また、医師やスタッフはもちろん、患者さんからも学ばせていただき、人としても成長したいと思います。
杉田 将来的に総合診療医として診療したいと思うようになりましたが、今の医療や研修制度の中でどういう道筋で学んだらいいのか、悩ましいところです。
高橋 杉田先生に限らず当院にない診療科に進みたい場合であっても、最適な道を一緒に考え、それが叶うよう精一杯サポートします。先生も改めてお話しましょう。
杉田 はい、宜しくお願いします。
高橋 皆さん、本日はありがとうございました。明日からまた一緒に頑張りましょう。

※プロフィールに記載されたローテ歴(ローテイト科歴)は、対談が行われた2019
年4月時点のものです。

pagetop