愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > センターのひろば > 研修医からのメッセージ

センターのひろば

研修医からのメッセージ

阿藤 文徳

2年次研修医 阿藤 文徳 (愛知医科大学卒)

 愛知医科大学病院研修医2年目の阿藤文徳と申します。本学を卒業後、教育と救急体制に魅力を感じ当院へ進みました。

 当院は大学病院でありながら市中病院の要素を兼ね備えており、夜間救急外来にはcommon diseaseも希少疾患を既往に持つ患者様も来院されるのが特徴です。多様な患者様に対応しますので、検査方針や入院適応に難渋する事が多々あります。 こういったとき、診察室の裏では研修医間で活発に議論されますが、各科指導医から専門性の高いフィードバックを得られる体制が備わっているので後に考えた方針を検討し直すことができます。

 研修先で悩まれる学生は多いかと思います。ここ愛知医科大学病院は県内で唯一、厚生労働省より「高度救命救急センター」の指定を受ける病院です。救命救急科の先生はこうおっしゃいます。 「救急ができる病院は数多い。しかし当院は救命ができる」と。そんな魅力が揃った当院での研修を、ご一考下さいましたら嬉しく感じます。

pagetop