logo_top_title

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬剤部長  大西 正文

contents_00_head1
contents_02_aisatsu3
contents_03_rinen1
contents_04_shoukai1
contents_05_byoutou1
contents_06_kenkyuu1
contents_08_link1 

gree_log01

 

“安全・安心な薬剤業務の提供、

患者さんから信頼される、患者さんに優しい、

患者さんの痛みがわかる人間性豊かな薬剤師を目指して”

 

 

薬剤部の業務

薬剤部の業務は、かつては調剤をしているといったイメージが主流でしたが、現在では病棟での業務が拡大し、院内で必要な医薬品・治験薬等の供給・管理や医薬品情報の提供を行うとともに、ICUや手術室を含む入院患者さんへ持参薬管理や薬剤管理指導(病棟活動)、特定薬物治療管理(血中薬物濃度モニタリング)はもちろん、抗がん剤や高カロリー輸液の無菌調製をおこなっています。また、外来では、手術前の中止薬の確認やお薬相談を行うなどさまざまな業務に取り組んでいます。そのような中で、薬剤部は「医薬品の専門家として、医薬品のあらゆる問題に責任を持ち、医薬品の供給ならびに「医薬品の適正使用」及び「医薬品の安全管理」を担うことによって、安全かつ良質な薬物療法の推進に努め、患者さんや地域の皆さまの健康な生活の確保・支援に努めております。さらに、薬の専門家として他の医療従事者と協働して医療チームの一員として感染制御・栄養サポート・褥瘡・呼吸サポート・糖尿病療養指導・緩和ケアなどのチーム医療に参加し、より良い医療を提供するために研鑽を重ね、常に患者さんの満足度を第一優先として捉え、患者さんに最良の薬物療法を提供することを目指しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴

愛知医大病院は、現在も外来・入院患者さんの調剤を院内で行っています。そのため外来に訪れる患者さんの多くが高齢者ですが、薬をもらうため院外へ移動することなくお薬が受け取れ、負担の軽減につながっています。

薬剤部内には、混注業務等を行うための無菌室、電子カルテや全自動錠剤分包機、散剤監査システム、注射薬自動払い出しシステムなどを導入して正確でスピーディーな調剤が可能な環境が整っています。

また、大学病院として研究と教育にも力をいれ、薬学生の病院実習研修の受入、専門薬剤師、認定薬剤師資格、学位の取得の他、大学研究室と共同で研究を進め患者さんに安全で最適な薬物療法を提供できる薬剤師育成の研修・研究環境も整えております。

今後も最新の機器やAI(人工頭脳)導入にも力を注ぎ時代に合った最良の薬物療法を患者さんに合わせて提供できるように努めてまいります。