臨床研究支援センター

愛知医科大学病院では,医療の進歩に不可欠な企業治験,医師主導治験および臨床研究に十分対応できるように,平成27年4月から従来の治験管理センターを臨床研究支援センターに改めました。遺伝子を含めた新しい診断法,分子標的薬や免疫療法を含めた新しい薬物療法や新しい治療機器や手技など,医療は常に進歩を続け,多くの疾病において予防,治癒および症状の軽減などが期待できるようになってきました。患者さんによりよい医療をより早く受けていただくために,常に新しい医療を開発し,企業治験や医師主導治験で有効性と安全性を確認し,迅速に承認を目指すことが目標です。医師主導の臨床研究も積極的にサポートします。愛知医科大学病院は治験や臨床研究の活性化に貢献します。

ごあいさつ

部長 三嶋秀行

部長 三嶋秀行

臨床研究支援センター部長の三嶋です。ホームページをご覧いただきありがとうございます。
治験だけでなく,今年度は臨床研究法が新たに施行されました。個人情報保護法やゲノム診療体制など、社会の変化に迅速に対応し,当院が治験や臨床研究を通して医療の進歩に大きく貢献できるように,セミナーなどを通して構成員一同が診療科の範囲を超えてサポートしていきます。お気軽にご相談下さい。皆さま,どうぞよろしくお願い申し上げます。

臨床研究支援センターメンバー

臨床研究支援センターメンバー

組織図

キーワード

臨床研究支援センター,治験,製造販売後臨床試験

連絡先

臨床研究支援センター

三嶋,堀田,永田

電話
0561-62-3311(代表)
FAX
0561-61-1872