文字サイズ

  • HOME
  • 切らずにがんを治すピンポイント照射

切らずにがんを治すピンポイント照射

高精度放射線治療システム(TrueBeam STx)によるピンポイント照射

TrueBeam STxとは

愛知医科大学病院が新病院の開院と同時に新規導入した高精度放射線治療システム(TrueBeam STx)は,最新型の放射線治療システムであり,高精度なピンポイント照射(定位放射線治療)等を実現します。これにより,治療効果を向上させ,副作用を減らすことが可能となります。
TrueBeam STxは,がんなどの照射標的を取り巻く正常臓器へ放射線が当たることを回避し,SRS(定位手術的照射),SRT(定位放射線治療),SBRT(体幹部定位放射線治療),IMRT(強度変調放射線治療),VMAT(強度変調回転照射)まで最新の高精度な放射線治療の対応が可能です。

高精度放射線治療システムの御紹介

最新のIMRT(強度変調放射線治療),VMAT(強度変調回転照射)

VMAT(強度変調回転照射)はIMRT(強度変調放射線治療)が進化したものであり,放射線治療装置のガントリが回転しながら,かつ放射線の量を細かく調整しながら治療を行うことができるため,IMRTと同様またはそれ以上の線量分布を可能としながら,照射時間が短縮できる放射線治療です。高精度放射線治療を短時間で実施できますので,患者さんへの負担を軽くすることができます。
さらに,進化したIGRT(画像誘導放射線治療)により,腫瘍や周囲の健常な組織を視覚化し,最適かつ正確な放射線治療を実施します。

当院の高精度放射線治療

愛知医科大学病院では,症例に応じてSRS(定位手術的照射),SRT(定位放射線治療),SBRT(体幹部定位放射線治療),IMRT(強度変調放射線治療),VMAT(強度変調回転照射)を実施し,治療効果を上げています。

放射線照射の方法 適応疾患
SRS(定位手術的照射)
SRT(定位放射線治療)
脳腫瘍,転移性脳腫瘍,頭蓋内腫瘍 等
SBRT(体幹部定位放射線治療) 肺がん
VMAT(強度変調回転照射) 頭頚部がん,前立腺がん,転移性骨腫瘍 等

  ※ 適応については,種々の診断等を基に個々に判断することになります。

 

高精度放射線治療システムの御紹介