教員紹介

梅澤 一夫の顔写真

梅澤 一夫 (うめざわ かずお)

所属・職名・主な役職
分子標的医薬探索寄附講座・教授
専門分野 生化学
細胞生物学
医薬開発
主な担当講義 基礎医学セミナー
出身大学 東京大学理学部(1969年)
最終学歴 マサチューセッツ工科大学大学院(1973年)
略歴
(主な勤務先)
東京大学医科学研究所(1977年4月~1987年3月)
財団法人微生物化学研究会(1987年4月~1989年3月)
慶應義塾大学理工学部(1989年4月~2012年3月)
海外留学経験 マサチューセッツ工科大学(米国)(1969年~1973年)
オックスフォード大学(英国)(1973年~1976年)
ブラウン大学(米国)(1997年8月~1997年12月)
主な学会活動 日本がん分子標的治療学会
日本癌学会
日本ケミカルバイオロジー学会
主な研究課題 低分子シグナル伝達阻害剤の探索と分子デザイン
シグナル伝達阻害剤を用いた疾患の機構解析
新しい機構で働く抗炎症・抗がん剤の開発
自己紹介 私は大学と大学院で有機化学を専攻して学位を取得しました。その後,オックスフォード大学医学部に入学し,医学を習得して学士として卒業しました。そこで,両分野が有用な「難治性疾患に対する新しい機構で働く医薬の開発」を目的に研究を行っています。私たちは毒性がなくて多くの疾患モデルを抑制するNF-kappa B阻害剤を見出し,それを使った多くの動物実験の結果から,疾患における腹腔内NF-kappa Bの重要性を提唱しています。
趣味 野球観戦(もちろんドラゴンズのファン)
スキー(ひとなみにできるスポーツはこれだけ)
※このページは教員からの提供データを基に作成しています。