診療のご案内

診療科と診療内容について

消化管内科

担当医 春日井邦夫教授,佐々木誠人教授,小笠原尚高准教授,舟木康准教授,河村直彦講師

肝胆膵内科

肝胆膵内科では,肝臓,胆嚢,胆管,膵臓の診療を担当しています。肝臓の病気としてはウイルス性肝炎,脂肪肝,自己免疫性肝炎,肝硬変,肝臓癌を扱っていますが,豊富な知識,経験を有する肝臓専門医が診療にあたっています。特に,C型肝炎に対しては必要に応じて経口直接作用型抗ウイルス剤(DAAs:direct-acting antiviral agents)を中心とした治療を行い,B型肝炎に対しては核酸アナログ製剤やインターフェロンによる抗ウイルス療法を行っています。また,メタボリックシンドロームとの関連で注目されている脂肪肝や非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の診断と治療にも取り組み,世界をリードする成果を上げています。肝臓癌に対しては,愛知医科大学メディカルクリニックの本院である愛知医科大学病院に紹介させて頂いて,侵襲の少ない経皮的局所療法(ラジオ波など)を中心に,外科や放射線科と連携して手術やカテーテル治療を組み合わせた集学的治療を行っています。
胆嚢,胆管の病気としては,胆石,胆嚢ポリープの診療にあたり,膵臓の病気としては,膵炎や膵臓癌の診療をしています。高度な検査や治療手技が必要な場合は,愛知医科大学病院に紹介させて頂いて,胆道感染症,閉塞性黄疸に対する内視鏡的もしくは経皮的なドレナージ術,胆管結石に対する内視鏡的胆管結石除去術等を,さらに胆道癌や膵臓癌に対しては,CT,MRI,超音波内視鏡(EUS),超音波内視鏡下穿刺法(EUS-FNA)等の最新の診断法を駆使して,積極的に診断や治療を行っています。

担当医 米田政志教授,中尾春壽教授

循環器内科

慢性心不全,虚血性心疾患,不整脈,高血圧に対する治療・管理を行います。BNPをはじめとする心機能に関する迅速検査の他,心エコーや心電図及び24時間血圧モニターなどの生理学的検査の態勢も整っており,高い専門性を維持した診療を行います。

担当医 天野哲也教授,早稲田勝久教授,高島浩明准教授,加藤勲准教授,岩亨講師,米本貴行医師

呼吸器・アレルギー内科

当施設では,クリニック長が呼吸器専門医であり,ほぼ毎日呼吸器疾患に対する診療を行っています。主に下気道における炎症性疾患の他,睡眠時無呼吸症候群に対する診療も行っています。当科における診療可能な代表的疾患は以下のとおりです。

当施設では呼吸器の病気の主要な症状である「せき・息切れ」の症状を持つ患者さんに対し,採血,胸部写真やCT,痰の検査の他,肺機能や気道過敏性試験といった専門的検査を行って的確な診断・治療を致します。また,健診などで指摘された胸部X線検査の異常に対して,マルチスライスCTや気管支鏡検査をはじめとする精密検査を受けて頂くことが可能です。近年,中年以降の女性に多い非結核性抗酸菌症(肺MAC症)も増えていますが,そうした患者さんに対しては,血液検査やCT,痰の検査などを通じて診断・治療を行っています。また,成人における食物アレルギーに関しても相談をお受けしています。外来は,クリニック長が「呼吸器・アレルギー,せき・いきぎれ外来」を開設しております(外来診療表をご覧下さい)。

担当医 山口悦郎教授,馬場研二教授,河合聖子医師

神経内科

21世紀は「脳の世紀」と云われています。これは近年の脳科学の目覚ましい発展から生まれてきた言葉ではありますが,臨床の現場においてもまさに脳の時代の到来といえます。現代は高齢化社会を迎え,被保険者全体の過半数を代表的神経疾患である脳卒中,認知症,パーキンソン病が占める時代となり,今やガンを優に凌ぐようになっています。ちなみに,2000年度に行なわれた名古屋市の介護保険実施の実態調査以降,被保険者全体の過半数が脳卒中,認知症,パーキンソン病で占められていることが明らかとなっており,増加の一途を辿っています。このように社会における神経内科診療の需要は拡大していますが,その一方において脳卒中慢性期,パーキンソン病,脊髄小脳変性症,筋萎縮性側索硬化症など,種々の神経疾患による症候・症状は,患者さんの日常生活動作・能力に直接かつ大きく影響します。従って我々神経内科医は,このような慢性期神経疾患患者さんに対して医療と福祉を一つにした新たな概念で捉えた包括的診療,即ち丹念な診察の積み重ねによる予後予測を行いつつ,疾患個別の専門的医療を実践するとともに,病期に対応した日常生活指導,精神的サポートを提供していくことを信条として神経内科専門診療を実践しています。
愛知医科大学メディカルクリニックでは,愛知医科大学本院の強固なバックアップのもと,患者さん・ご家族に対する社会的サポートにも積極的に参画し,医療ケースワーカー,ケアマネージャー,保健師との連携を密にとり,患者さんおよびご家族双方のQOL向上に努めています。

担当医 道勇学教授,中尾直樹教授

腎臓・リウマチ膠原病内科

愛知医科大学病院(本院)では,腎生検,腎臓病教育,保存期腎不全,シャント形成,血液透析,腹膜透析,腎移植まで全てを行なっています。このようにすべての領域をカバーしている大学病院としては,全国レベルで5本の指に入ると自負しています。さらにリウマチ膠原病領域でも東海・中部地方のセンター病院として貢献しています。
ただ,本院は長久手市にあり,名古屋市内,岐阜県,三重県,愛知県南部の方にとっては,地理的な不便さがあります。その点を改善するためにも,メディカルクリニックの存在は大きなものがあります。三重県,岐阜県からも多数の患者さんが,クリニックを受診しております。高度な医療を患者さんに提供するために,外来を開設しています。

次のような病気を対象にして外来診療を行なっています。

  • 腎炎・腎症(急性糸球体腎炎,急速進行性糸球体腎炎,IgA腎症,紫斑病性腎炎,ループス腎炎,間質性腎炎,ファブリー病,アルポート症候群,アミロイド腎症)
  • 急性腎盂腎炎
  • ネフローゼ症候群(微小変化型,膜性腎症,巣状糸球体硬化症,膜性増殖性糸球体腎炎など)
  • 腎不全(急性腎不全,慢性腎不全(CKD))
  • 腎代替療法(腎移植,血液透析,腹膜透析)
  • 膠原病(SLE,強皮症,多発性筋炎/皮膚筋炎,混合性結合組織病,シェーグレン症候群)
  • 血管炎(結節性多発動脈炎,顕微鏡的多発血管炎,Wegener肉芽腫症,Churg-Strauss症候群,高安病,側頭動脈炎)
  • 他の膠原病(リウマチ性多発筋痛症,成人スティル病,ベーチェット病,抗リン脂質抗体症候群)
  • 膠原病に合併する肺高血圧症,間質性肺炎
  • 関節リウマチ
  • 強直性脊椎炎,乾癬性関節炎,反応性関節炎
担当医 伊藤恭彦教授,坂野章吾教授,伊藤真弓医師

血液内科

血液内科では,血液疾患一般に対し,最新のエビデンスにもとづいた診断と治療を提供できるよう努めています。疾患の性質上,輸血,抗癌化学療法(場合によっては無菌室にて)など本院でないと施行できないこともありますが,本院と密接に連携して診療を行っています。病状が安定した場合のフォローアップなども,本院と連絡をとって行ってまいります。

担当医 仁田正和名誉教授

糖尿病内科

糖尿病内科は,糖尿病とその合併症に対して,高い専門性を活かした診断と治療を行っています。
現代の日本において国民病ともいわれる糖尿病は,平成26年の厚生労働省「国民健康・栄養調査」によると,その患者数は過去最高の316万6000人と報告され,特に70歳以上では男性の4人に1人,女性の6人に1人が糖尿病といわれています。
2011年,愛知医科大学に糖尿病診療を専門とする糖尿病内科・糖尿病センターが設立されました。当診療科は,愛知県のみではなく東海地方における糖尿病診療の中核としての役割と共に,大学病院の使命として高い専門性と総合力を兼ね備えた多くの糖尿病専門医を育成し,さらには研究面においても糖尿病とその合併症における成因や治療法の研究に邁進し,世界的にも中心的な役割を果たせるよう活動しています。
近年,多くの新しい糖尿病治療薬が開発され,糖尿病治療でそれら薬剤を最適な方法で用いるためには,最先端の情報を取り入れた高い専門性が必要とされています。また,糖尿病は血糖管理が重要であると共に,糖尿病の3大合併症である神経障害,網膜症および腎症に加え,脳梗塞,心筋梗塞,末梢動脈疾患などの合併症の早期診断と早期治療が糖尿病患者のQOL及び生命予後の点から重要と考えられています。愛知医科大学メディカルクリニックでは,糖尿病及びその合併症に対して,当診療科の高い専門性を活かした診断から治療を行うとともに,生活環境等の各患者個々の背景を考慮した全人的医療を目指した社会貢献ができるよう努めてまいります。

担当医 中村二郎教授,恒川新准教授,近藤正樹医師,姫野龍仁医師,内藤恵奈医師,
小島智花医師,杉浦有加子医師,河合美由花医師

精神神経科

担当医 兼本浩祐教授,山下功一講師

皮膚科

アトピー性皮膚炎の他,頑固な慢性湿疹及び皮膚感染症など,皮膚疾患に関して専門的かつ幅広い診療を行っています。

担当医 渡邉大輔教授,大嶋雄一郎准教授,宮田聡子医師

眼科

担当医 瓶井資弘教授,藤田京子講師,伊藤麻耶里医師,長谷川美有貴医師,白井美惠子医師

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科では,耳鼻咽喉科・頭頸部外科のあらゆる疾患に対し,診療を行っております。
・耳科領域では,急性中耳炎や滲出性中耳炎,めまい症,難聴といった一般診療から,真珠腫性中耳炎,耳硬化症,慢性中耳炎の手術治療の適応判断を要する診療に至るまで幅広く対応しております。
・鼻科領域では,副鼻腔炎,鼻ポリープ,アレルギー性鼻炎等に対して内服・処置加療を行い,手術加療の必要性の判断を行っております。また,アレルギー性鼻炎(スギ・ダニ)に対する舌下免疫治療も,当院呼吸器内科とも連携のもと行っております。
・頭頸部領域では,喉頭ファイバーや画像検査にて悪性疾患を始めとする腫瘍性病変の早期発見,診断に努めております。
・睡眠中のいびき・無呼吸,日中の眠気を認める方には喉頭ファイバーや簡易型無呼吸検査等にて睡眠呼吸障害の有無,手術加療の必要性を判断し,他科と連携のもと加療を行っていきます。また,軽症から中等症の睡眠時無呼吸症候群や単純性いびき症に対し,治療の1選択であるナステント クラシック™(seven dreamers laboratories(株))の指示書発行も行っております。
入院や更なる精査,手術を必要とする患者さんは,本院(愛知医科大学病院)と連携し,入院加療,精査,手術加療の手配を行っております。

担当医 植田広海教授,小川徹也教授,谷川徹准教授,有元真理子医師,柴田康子医師

総合診療科

担当医 伴信太郎教授

睡眠科

担当医 眞野まみこ医師

痛みセンター

担当医 牛田享宏教授