慢性閉塞性肺疾患(おもに肺気腫)【呼吸器内科】

COPDとも言います。テレビなどで聞かれたことのある方もたくさんおられると思います。COPDの大部分は肺気腫という病気です。これは,主にタバコが原因で肺胞の壁が破壊され,肺機能が低下する病気です。症状は動いたときの息切れです。慢性に経過するため症状の進行に気づきにくく,発見されたときにはすでに後戻り出来ないところまで肺の破壊が進んでいる事が多い病気です。日本では530万人もの人が実は肺気腫で,そのうちの90%以上は診断されずに放置されているとも言われています。長い間タバコを吸っていて,最近息切れを感じるという方は肺気腫に冒されているかも知れません。是非受診をおすすめします。

治療は,禁煙が肺気腫の発症や進行をくい止める唯一の方法です。当施設では保険診療による薬物禁煙治療を受けて頂くことが可能です。

症状が進行した患者さんには,禁煙治療の他に,薬物治療,呼吸リハビリ,在宅酸素療法(または呼吸管理)を組織的に行い,少しでも日常生活の質(QOL)が改善し,長生きして頂けるように努力しています。在宅酸素療法は,24時間連続経皮酸素飽和度測定・解析装置などを用いて日常生活上の低酸素血症の存在を的確に把握し,個々の患者さんにとって最も適切な酸素流量の設定を行うよう心掛けています。必要があれば在宅での人工呼吸管理も導入し,往診ドクターや在宅看護師との連絡を密にとり,患者さんがご自宅で安心して過ごして頂けることを目標に努力をしています。