慢性咳嗽(3週間以上続く咳(せき))について【呼吸器内科】

咳はカゼを引いたときに誰でも経験する症状ですが、時には3週間以上続くこともあります。慢性咳嗽の原因は,単なる風邪の後に少し咳が残っていて自然に治る場合の他に,実は全く別の病気(咳喘息、結核、肺癌、逆流性食道炎、慢性副鼻腔炎、ときに心不全など)が原因だったりすることがあります。

愛知医科大学メディカルクリニックでは、呼吸器およびアレルギー専門医が常駐し、消化管内科、循環器内科、耳鼻咽喉科の診療も毎日行っており、長引く咳が気になる患者さんに対して的確な診断および治療を行う体制を整えています。

胸部エックス線写真の他に、感染症やアレルギーに関する詳細な血液検査、心電図、喀痰検査はもちろんのこと、高精度のCT検査や肺機能検査、気道過敏性検査、呼気ガス一酸化窒素濃度の測定や気管支・胃内視鏡検査、心臓超音波検査など咳の原因となるあらゆる疾患に対する診断と外来診療が可能です。

たとえ軽くても咳が長引く場合は、ぜひ精密検査を受けられることをお勧めします。