トップページ > 当研究会について

当研究会について

当研究会について 目次

会長挨拶

代表幹事に就任して

              
                    浜松医科大学医学科腫瘍病理学講座
                                椙村春彦

このたび、津金昌一郎先生のあとを受けまして、本研究会の代表幹事を務めさせていただきます椙村です。がん疫学研究会とがん分子疫学研究会が合併する以前には、主として分子疫学分野で活動してきました。
                          続きはこちらをご参照ください。

ページトップへ戻る

会則

            日本がん疫学・分子疫学研究会会則
I章 名称
 
第1本会は日本がん疫学・分子疫学研究会(The Japanese Society of Cancer Epidemiology)と称する。

第U章 目的および事業
2本会は、がん疫学研究およびその関連研究分野の発展と会員相互及び国際間の交流を図ることを目的とする。
3 本会はその目的を達成するために次の事業を行う。
     1) 学術集会の開催
     2) ニュースレターの発行
     3) その他、本会の目的達成に必要な事業

第V章 会員
4本会会員は名誉会員、功労会員、一般会員、賛助会員より構成される。
5 本会の目的に賛同し所定の手続きを行えば一般会員になることができる。ただし、正当な理由なく3年間以上会費を納入しなかった場合および本会の名誉を著しく汚した場合には幹事会の審議を経た後、除名されることがある。
6本会のために多大な貢献をした者は、幹事会の審議により功労会員にすることができる。
7がん疫学・分子疫学およびその関連領域の分野で高い学識経験を有する者を幹事会の審議により名誉会員にすることができる。
8賛助会員は本会の主旨に賛同し、賛助会費を1口以上を納める者とする。

第W章 年会費および会計年度
9一般会員および功労会員の年会費は5,000円とし、賛助会費は150,000円とする。
10名誉会員は会費の納入を免除される。
11一般会員の中で41日時点で大学院もしくは大学に在籍する学生は、その会計年度の年会費を1,000円とすることが出来る。
1241日から翌年331日までを会計年度とし、本会の代表者は総会で会計報告を行うものとする。

第X章 役員
13 本会には次の役員を置く。
   代表幹事     1名
   副代表幹事     1
   幹事        若干名
   会計監事     2名
   会長         1名
14代表幹事は本会を代表し、幹事会の開催ほか会務を主宰する。代表幹事は幹事の互選により選出する。任期は3年とし、再任を妨げない。
15副代表幹事は幹事の互選により選出する。副代表幹事の任期は代表幹事の在任期間を超えないものとする。
16 幹事は本会の業務を分担する。幹事は一般会員の中から幹事会が推薦・選出する。任期は3年とし、再任を妨げない。
17会計監事は本会の会計を監査する。会計監事は幹事の互選により選出する。任期は3年とし、再任はできない。
18 会長は幹事会にて選出され、学術集会を主宰し、任期は前回の学術集会後より担当学術集会終了までとする。

第Y章 幹事会、学術集会、総会
19幹事会は、年1回以上必要に応じて代表幹事が招集する。下記の事項は、幹事会の議決又は承認を経なければならない。
   1.会の事業
   2.役員の人事
   3.功労会員の人事
   4.名誉会員の人事
   5.予算及び決算
   6.会則の変更
   7.その他の重要事項
20幹事会は、数年ごとに研究会の中期目標・計画を議論して、研究会の活動計画、学術集会が取り上げるべきテーマなどを総会に諮るものとする。
21幹事会は、幹事の3分の2以上の出席(委任状を含む)をもって成立し、議決は出席者の過半数を必要とする。
22学術集会を1年に1度開催する。
23総会は、年1回、代表幹事を議長として学術集会の期間中に開催する。総会では会務についての審議を行い、議決は出席者(委任状を含む)の過半数を必要とする。

付則
1. 本会成立の経緯:日本がん疫学研究会は1977年に、日本がん分子疫学研究会は2000年に第1回が開催された。日本がん分子疫学研究会が設立された頃は、分子疫学に多様な分野の研究者が関心をもち、学際的な討論が行われはじめた時期にあたる。その後、日本がん分子疫学研究会などの活動によりがん分子疫学は順調に発展し、疫学の中心的な分野の1つとなった。両研究会が対象とする研究分野は重複するところが大きくなり、合併すればそれぞれの研究会にとって多彩で有益な情報交換が行われ、がん疫学全体を包含する研究会になることが認識された。2006年からの学術集会同時開催はその認識の表れでもある。当然ながら両研究会には会員の重複も多く、合併すれば会員を一元管理することができ、2つの事務局が作業をするという無駄も省くことができる。この2つの理由から、両研究会は合併し、本会が設立されることとなった。
2.本会はがんを対象とした予防、医療、実態把握に疫学・分子疫学を応用する幅広い分野を対象とする。例えば、記述疫学、分析疫学、介入研究、がん登録、検診、分子疫学、発生機序、診断分類、発生要因、予防要因、予後要因、がん対策、がん予防、患者QOL、社会システム、およびこれらの分野と関連する研究分野
3. 研究会事務局は当分の間、愛知県がんセンター研究所に置く。それに伴い、同センター在籍の会員が庶務幹事の任に当たる。また、ホームページの管理は当分の間、愛知医科大学医学部公衆衛生学講座で行う。
4. 発足にあたり幹事は日本がん疫学研究会の幹事および日本がん分子疫学研究会の幹事とする。
5. 発足にあたり日本がん疫学研究会の顧問会員および日本がん分子疫学研究会の名誉会員は本会の名誉会員とする。
6. 発足にあたり日本がん疫学研究会の特別会員は本会の功労会員とする。
7. 発足にあたり両研究会の平成22年度末の繰越金を本会の平成23年度収入に繰り入れる。
8.発足にあたり平成22715日に開催される両会の合同総会の審議事項は、両会の代表幹事が両会の幹事会での合議を踏まえ、共同提出する。
9.本会の学術集会の開催回数は日本がん疫学研究会学術集会開催回数の続きとする。
10.本会のニュースレターの発行回数は日本がん疫学研究会発行のNEWS CAST発行回数の続きとする。
11. 本会則は日本がん疫学研究会および日本がん分子疫学研究会の合同総会での承認により効力を発するものとし、平成22715日より施行する。なお必要に応じて、研究会名および本規定は新幹事会で更に検討改訂を行う。
12.本会則の研究会の英語名を"The Japanese Society of Cancer Epidemiology"とすることを平成23年度の幹事会および総会にて承認され、平成23年6月21日より改訂施行する。
 

ページトップへ戻る

役員名簿

日本がん疫学・分子疫学研究会役員一覧 *H30.9.18現在


幹事(代表)
  椙村春彦

幹事(副代表)
  
永田知里
 
幹事

石川秀樹   伊藤秀美   江口英孝   小笹晃太郎  片野田耕太  菊地正悟
 郡山千早   菅原由美   鈴木貞夫   祖父江友孝  嶽ア俊郎   中山富雄
 西野善一
   本荘哲    松尾恵太郎  松田浩一    松田知成   松田智大
 三木義男   
宮代勲    牟礼佳苗   山本精一郎   林櫻松    若井建志
 渡辺昌俊   和田恵子


監事

井上真奈美  岩崎基

     

*幹事・監事の任期:平成28年度学術総会(H28.7.1)〜3年間(平成31年度学術総会前まで)


功労会員

秋葉澄伯  稲葉裕   黒石哲生  古野純典  竹下達也  田島和雄

津金昌一郎 浜島信之  林奉権   樋野興夫   森満   森本兼曩 

山口直人  湯浅保仁  渡邊能行

名誉会員

青木國雄  大島明   北川知行  倉恒匡徳  小林博   杉村隆

園田俊郎  寺田雅昭  徳留信寛  富永祐民  中地敬   花井彩

久道茂   廣畑富雄  福田勝洋  三宅浩次  吉村健清  渡辺泱


                                                      
*役員別、50音順に記載


ページトップへ戻る

入会方法

ページ下部に記載されている事務局までお問い合わせください。

ページトップへ戻る

日本がん疫学・分子疫学研究会
〒464-8681 愛知県名古屋市千種区鹿子殿1−1  愛知県がんセンター研究所 がん情報・対策研究分野内

TEL:052-762-6111/ FAX:052-763-5233

Copyright(C) Japanese Society of Cancer Epidemiology & Molecular Epidemiology All Rights Reserved.