「ともに大きくなろう」

愛知医科大学小児科のホームページをご覧いただきありがとうございます。わたしたちの教室をご紹介いたします。

愛知医科大学小児科教授 奥村彰久

~とことんつきあい、ともに学ぶ~

愛知医科大学小児科は、若い小児科医を育てることに力を注いでいます。上級医の指導力は学内でも実績があり、毎年のように研修医が選ぶベスト指導医に小児科のメンバーが選ばれています。若い力が芽吹くよう、とことんつきあい、ともに学んでいます。若手育成プログラムはありますが、小さな医局ですので希望を考えながら個別に対応しています。「開業医として地域に貢献したい」、「勤務医として地域医療を支えたい」、「大学で研究したい」など、皆様の目指す医師を見据えて柔軟にキャリアパスを考えていきます。

~Common disease からhigh specialized disease まで~

愛知医科大学病院のある長久手市には市民病院がありません。そのため、愛知医科大学病院は地域の一次医療から三次医療まで幅広い医療を担っており、common diseaseから専門性が高い疾患まで幅広く経験できます。また、愛知医科大学小児科には多くのサブスペシャリティ専門医が常勤しています。上級医から専門的なレベルの指導を受けることができ、サブスペシャリティの専門医を取得することもできます。

~ともに大きくなる仲間~

大学病院の医局というと、様々なネガティブなイメージをお持ちになる方もあるかと思います。愛知医科大学小児科には、そのイメージは当てはまりません。私の医局運営の方針として、可能な限り若手からの意見を反映する努力を続けています。入局したばかりの若手とも真摯に語り合い、良いアイデアはどんどん取り入れています。全ての医局員が伸び伸びと良いところを発揮していただくことが最も重要と考えています。

~「ともにおおきくなろう」~

愛知医科大学小児科のキャッチフレーズは「ともに大きくなろう」です。医局員みんなで決めたもので、わたしたちの意気込みと気持ちがこもっています。この言葉にはいろいろな意味が満ちあふれています。わたしたち愛知医科大学小児科の医局員は、このキャッチフレーズの下に日々研鑽を重ねています。

皆様、「ともに大きくなろう」ではありませんか。